ここから本文です

高速バス、2019年春の新路線【東日本編】 関東の老舗遊園地に東京駅直通バスも

3/21(木) 10:33配信

乗りものニュース

栃木県の老舗遊園地へ、東京から直通バス登場

 圏央道を活用した新路線や、東京直通の高速バスが新規開設される遊園地もあります。

川越~藤沢線「圏央ライナー川越湘南線」

・運行会社:東武バスウエスト、神奈川中央交通西
・運行開始日:2019年3月16日(土)
・区間:川越地区(神明町車庫、本川越駅、川越駅西口)~本厚木駅~藤沢地区(辻堂駅北口、藤沢駅北口)
・運行本数:2往復
・所要時間:2時間30分(神明町車庫~藤沢駅北口)
・大人片道運賃:1800~2000円(区間により異なる)

 都心を経由せず、圏央道で川越と本厚木、藤沢を直結します。川越、藤沢ともインバウンド(訪日観光客)に人気の観光地であり、鉄道では必ず乗り換えが必要ですが、トイレ付きバスでゆったりと、直通で移動できることをウリに、観光需要の掘り起こしを狙います。

東京駅~那須ハイランドパーク~友愛の森線「那須ハイランドパーク号」

・運行会社:関東自動車
・運行開始日:2019年3月15日(金)
・区間:東京駅~那須地区(板室温泉、那須ハイランドパーク、友愛の森など)
・運行本数:1往復(運休日あり)
・所要時間:3時間4分(東京駅~友愛の森)
・大人片道運賃:2700~3400円(区間により異なる。那須地区内のみの運賃も設定あり)

 2019年で開園50周年を迎える栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」へ、東京駅から直接乗り入れる高速バスが初登場。同園は近年、いわゆる「痛車」やコスプレのイベントなどで人気を集め、低迷していた業績を大きく回復しており、テレビなどでも取り上げられています。

 東京駅発は午前7時、那須地区(友愛の森)発は15時40分です。ジェイアールバス関東と関東自動車(旧・東野交通)が運行する新宿~塩原温泉・那須温泉線の新ルートという位置づけで、ジェイアールバス関東のきっぷ売り場などでも乗車券を取り扱います。

東京~象潟・本荘線「エクスプレス鳥海号」

・運行会社:関東バス(東京都)、羽後交通
・運行開始日:2019年4月1日(月)
・区間:東京駅~象潟駅前~仁賀保駅前~本荘駅前・本荘営業所
・運行本数:1往復(夜行)
・所要時間:8時間55分(東京駅~本荘営業所)
・大人片道運賃:9020~9440円(区間により異なる。那須地区内のみの運賃も設定あり)

 東京駅と秋田県南部の日本海側に位置する由利本荘市、にかほ市を結ぶ羽後交通「ドリーム鳥海号」(2018年10月まではジェイアールバス東北と共同運行)の運行に、関東バスが新たに加わり、名称を変更。共同運行記念として記念品の進呈も実施します(なくなり次第終了)。なお本数やダイヤ、運賃は「ドリーム鳥海号」と変りません。

2/3ページ

最終更新:3/22(金) 14:42
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事