ここから本文です

常盤貴子を「大人の女優」にしたのは誰なのか?

3/21(木) 14:00配信

dmenu映画

日仏友好160年にあたる2018年、パリにある映画の殿堂シネマテーク・フランセーズなどで日本映画の大規模回顧上映「日本映画の100年」が開催された。東陽一監督『だれかの木琴』(2016年)と大林宣彦監督『花筐/HANAGATAMI』(2017年)の上映時には常盤貴子がトークイベントに参加した。

常盤は約19年ぶりにTBS系「日曜劇場」枠に主演復帰したドラマ「グッドワイフ」での好演が話題となったが、そこで語られた言葉の数々から、主戦場を映画に移して“表現すること”に貪欲に向き合った時間が今につながっていることが明かされた。

連ドラの女王抱いたテレビ界での疑問

「日本映画の100年」は、1920年代から現代までに制作された日本映画を、日仏の専門家によって選ばれた119作から辿るもの。「日本映画の発芽」、「日本映画再発見」、「現代監督特集」の3部構成で、常盤が登場したのはオーラスの「現代監督特集」。常盤の女優人生においても東監督と大林監督との出会いは大きかったようで「インディーズの王様のような監督と仕事をしてきたらそっちの方が面白くなってしまって。メジャーの仕事に戻りづらいです」と笑う。

そう、1990年代後半から2000年前半まで、常盤はメジャーの中でもど真ん中を歩んでいた。豊川悦司演じる聴覚障害者と恋に落ちる「愛していると言ってくれ」(1995年)、性的暴行被害のトラウマを抱えた女性という難役を演じた「真昼の月」(1996年)、難病に侵されて車椅子生活を送る女性とカリスマ美容師の恋愛劇「ビューティフルライフ」(2000年)など挑戦的な題材ながら高視聴率を叩き出し、ついた異名が“連ドラの女王”。

しかし、テレビの世界を突っ走っていたある日、テレビの世界での演技について、ふと疑問を抱いたという。

「なぜかというと、若い頃に勉強のために観ていた小津作品を思い出したんです。小津監督の映画に出演された俳優さんのインタビューを読むと、共通しているのが、例えば“ヨーイ、スタートと言ったら2歩前に出て、3秒経ったら上を見て、5秒間ボッーと眺めたら、出て行ってください”という演出だったというのです。リアルさを求められるテレビのお芝居とは違い、監督の言われたまんまでは人形みたいじゃないですか。なのになぜ人々は小津映画に魅了されるのか、それが不思議でしょうがなくて。私の中ですぐに答えは出なかったのですが、大林監督とご一緒させていただいた時にいろんなヒントが隠されていた。あぁ、これが小津さんの世界と共通する演技なのかもしれないと思ったのです」。

1/3ページ

最終更新:3/21(木) 14:00
dmenu映画

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事