ここから本文です

ANAの超巨大ウミガメジェット機、日本到着! エアバスA380「フライングホヌ」初号機

3/21(木) 14:50配信

乗りものニュース

3機のうちまず1機、日本の地を踏む!

 ANA(全日空)が日本の航空会社で初めて導入する世界最大の旅客機、エアバスA380型機が2019年3月21日(木・祝)、日本へやって来ました。

【写真】ついに成田へ到着したANAの超巨大機!

 成田~ハワイ(ホノルル)線に就航することから、ハワイで神聖な生き物とされ、「ホヌ」と呼ばれているウミガメにちなんだ特別塗装がされており、「FLYING HONU(フライングホヌ)」という愛称を持っています。

 このA380型機「フライングホヌ」を、ANAは3機導入。今回やって来たのはその1機目で、「ハワイの空」がイメージされた「ANAブルー」の塗装が特徴です。

 同機はフランスのトゥールーズにあるエアバスの工場を、日本時間きょう21日の午前0時20分ごろに出発(現地時間20日16時20分ごろ)。そして先ほど12時50分ごろ、成田空港へ到着、日本の地を踏みました。

「私どもANAグループは、このA380の性能を引き出し、運航に直接携わるスタッフはもとより、日本そしてハワイの全職員が総力を挙げて、安全で快適な『フライングホヌ』のハワイ就航に向けて準備に入ってまいります」(ANAホールディングス 片野坂真哉社長)

 成田空港第1ターミナルの展望デッキには、到着する「フライングホヌ」を一目見ようと多くの人が詰めかけていました。

 ANAのA380型機「フライングホヌ」は、「ANAブルー」のほか、「ハワイの海」がイメージされた「エメラルドグリーン」の機体、「ハワイの夕日」がイメージされた「サンセットオレンジ」の機体が導入されます。

ANAのA380型機「フライングホヌ」特徴は? まず週3便から

 ANAが導入するエアバスA380型機「フライングホヌ」は、2階建て構造の巨大な機体を生かし、520席という大きな輸送力を確保。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスという多様なシートを備えます。なおファーストクラスは、ANAのホノルル線で初導入。32インチ大型モニター、ドア付きの個室型空間です。マイルで交換できる特典航空券でも利用可能とのこと。

 日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii(ANA カウチ)」もポイント。レッグレストを上げて、簡易ベッドのように利用でき、専用の寝具も用意されるエコノミークラスの座席です(要追加料金)。

 機内には多目的ルームやクラスごとのバーカウンターも設けられるほか、この就航へ合わせる形で、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港にANAのラウンジも新設されます。

 就航は2019年5月24日(金)。当初は週3便の運航で、2019年7月1日(月)に2機目の「エメラルドグリーン」が就航して1日1便、日曜日と火曜日、金曜日は1日2便の運航になる予定です。

恵 知仁(乗りものライター)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事