ここから本文です

ジャスティン・ローズ使用の「TW747 460」を“ローズ仕様”で打ってみた!

3/21(木) 20:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

今年から本間ゴルフと契約し「TW747 460」ドライバーを使用しているジャスティン・ローズ。世界トップの選手の使用クラブ、気にならないわけがないということで“ローズ仕様”のTW747ドライバーを用意し、プロ二人が打ってみた!

ドローヒッターが思い切り振り抜いても左へのミスが怖くない

用意した「TW747 460」の“ローズスペック”は以下の通り。

ヘッド:TW747 460(9.5度)
シャフト:VIZARD FD-7 X(45.5インチ)

というわけで、ヘッドもシャフトも本間ゴルフのプロダクトを使用。実はローズが使用しているシャフトは同じシャフトの「XX(ダブルエックス)」シャフトだが、それはローズ向けのプロトタイプのため、今回は市販されているFD-7 Xで代用した。

TW747は大型ヘッドの「460」とやや小ぶりな「455」の2モデルがラインナップされているが、ローズが選択したのはフルサイズの460。ちなみに、昨年使用していたのは前契約先であるテーラーメイドの「M3 460」だ。

シャフトは先端側が走る弾き系の「VIZARD FD-7」で、三菱ケミカルの「テンセイCKプロ オレンジ60(TX)」からチェンジ。ヘッド、シャフトともにホンマ製の純正カスタムとなっている。

さて、このクラブを試打するのはヘッドスピード約50m/sのドローヒッターである堀口宣篤と同約47m/sでフェードヒッターの中村修という二人のプロ。二人ともTW747 460はテスト済みで、両人とも高く評価している。その上で、ローズスペックをまずは堀口に打ってもらった。

「めちゃくちゃ重いです。1ホールでギブアップかもしれません(笑)」と堀口。ヘッドスピードが50m/sある飛ばし屋をしてこう言わしめる(しかも実際のスペックはさらにハード)なのだから、さすが世界のトップが使うクラブは一味違うと言ったところか。

堀口が打ってみると、総飛距離は268ヤード。ドローヒッターのローズが使うドライバーだが、打ち出し方向は右寄りに。ヘッドスピード43.9m/sに対しボール初速は65.5m/s。打ち出し角は12.4度で、スピン量は2677回転という結果だった。ハードスペックな分、ヘッドスピードが出てこない。

「硬いです(笑)。あと、全然つかまってこないです。これなら思い切り振り抜いていってもつかまり過ぎることはないですね」(堀口)

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事