ここから本文です

横綱・白鵬の土俵入りに水を差した「石浦コール」の是非 館内には“笑い”も視聴者「石浦も迷惑」「主役は白鵬」

3/21(木) 9:06配信

AbemaTIMES

 20日に行われた大相撲三月場所の十一日目、その横綱土俵入りで館内が騒然とする場面があった。

 幕内力士の土俵入り後に行われた横綱・白鵬(宮城野)の土俵入りで共に土俵に上がったのは、露払いを務めた石浦(宮城野)と太刀持ちの魁聖(友綱)。白鵬が力強い土俵入りを披露し始めた次の瞬間、問題の出来事は起こった。

 館内に響く“平成の大横綱”への歓声を切り裂くように響いたのは、なんと「石浦コール」だった。何事も無かった、聞こえなかったかのように、表情一つ変えない白鵬の土俵入りは厳かに続けられたが、その最中にも館内からは笑い声が上がり、一時騒然。ようやく館内が静寂を取り戻すと、あろうことか、再び「石浦コール」が響いた。

 厳粛な場面に“水を差す”この心無い観客の行為にAbemaTVの視聴者が反応すると「なぜ石浦?」「主役は白鵬」といった多くの疑問や非難の声に加えて、「石浦も迷惑」など、同部屋の大先輩であり大横綱の土俵入りを妨げる行為に、石浦本人の心中を察するコメントも寄せられていた。

最終更新:3/21(木) 9:06
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事