ここから本文です

中国で流出した謎のデータベース、180万人の女性に「繁殖OK」のラベルが…

3/21(木) 21:13配信

ギズモード・ジャパン

その他に記述されていた個人情報は?

「繁殖可能」列のほかに、データベースには女性の名前、電話番号、年齢、誕生日、配偶者の有無、政治的身分、住所、およびID番号も記載されています。さらには謎の「hasvideo」と呼ばれる列もあります。動画があるということなのでしょうか?

ジェヴァースさんいわく、記載されていた女性の平均年齢は32歳で最年少は15歳。そして最年少の「繁殖可能」年齢は18歳だったとのこと。彼はまた、89%が独身、10%が離婚、そして1%が未亡人とラベル付けされていたそうです。

どうやって集めたのか?

さすがにこれほど詳細な個人情報は、普通のアプリやサービスでは収集しきれるものではないでしょう。とはいえSNSや出会い系アプリなら、それらほとんど、もしくはすべての情報が入手出来るかもしれません。

そして問題の「繁殖可能」ステータスは……想像力を豊かにすれば、出会い系アプリや月経追跡アプリなら収集可能かもしれません。

データベースの作成者は一体…

しかし「社会信用システム」を構築し、「借金持ち」の人を密告するスマホ用アプリの開発や、「信用されざる者」が飛行機や電車に乗られないことなどを踏まえると、中国政府が女性の「出産の可否」情報を握ってもおかしくありません。しかも中国の出生率が最低記録を叩き出したこと、二人っ子政策により、産休取得の回数増加を懸念して若い女性の雇用を渋るようなった社会を見れば……あとは推して知るべしでしょう。

米Gizmodoはジェヴァースさんに連絡を取っており、もしデータベースを作ったのが誰か判明したら教えて貰うことになっています。


Source: Twitter, The Guardian, REUTERS, The Economist

Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US [原文] ( 岡本玄介 )

2/2ページ

最終更新:3/21(木) 21:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事