ここから本文です

県立浦和高、企業特別賞 科学の甲子園、総合成績では11位 過去最多709校9075人のエントリー

3/21(木) 10:33配信

埼玉新聞

 全国の高校生が都道府県を代表して科学の力を競う「第8回 科学の甲子園全国大会」が15~18日に埼玉県さいたま市で開かれ、埼玉代表で出場した県立浦和高校が企業特別賞(埼玉県経営者協会賞)を受賞した。

 科学の甲子園は、科学好きの裾野拡大やトップ層を伸ばそうと、2011年度に創設。国立開発研究法人科学技術振興機構(JST)が主催し、第7回から第9回までは埼玉県が開催地となっている。

 今回は過去最多の709校9075人のエントリーがあり、各都道府県の選考を経て選抜された47校361人の高校生が全国大会に出場。筆記試験と三つの実技試験で総合点を競った。

 総合成績では、愛知代表の海陽中等教育学校が優勝し、神奈川代表の栄光学園高校が2位、滋賀代表の滋賀県立膳所高校が3位だった。浦和高校は2年連続で出場(通算4回目)。今回は11位で前回の20位から順位を上げ、企業特別賞も受賞した。

最終更新:3/21(木) 10:33
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事