ここから本文です

酒に酔った日本の厚労省官吏、金浦空港で航空会社職員に暴行

3/21(木) 8:12配信

ハンギョレ新聞

飛行機に乗ろうとしたが職員に制止され暴行 暴行後「韓国人は嫌いだ」発言も

 日本の厚生労働省の幹部が、金浦(キンポ)空港の搭乗口で航空会社職員2人を殴り警察に逮捕され調査後に解放された。

 ソウル江西(カンソ)警察署は、日本人の武田康祐氏を暴行の疑いで不拘束立件したと20日明らかにした。武田氏は19日午前9時頃、酒に酔って金浦(キンポ)空港国際線ゲートで航空機に乗ろうとした。だが、航空会社の職員が「泥酔状態では飛行機に搭乗できない」と言うと暴力を行使したという。警察は武田氏を逮捕し調査した後、19日午後7時頃に釈放した。警察は武田氏を不拘束立件し被害者を調査した後に事件を送検する計画だ。

 一方、日本の共同通信は20日、武田氏が韓国で暴力を行使し警察の調査を受け、私的な用事で韓国を訪問したと報道した。また、厚生労働省は武田氏を待機発令し、事実確認のために所属職員を韓国に派遣する計画だと明らかにしたと付け加えた。共同通信は、武田氏が航空会社の職員を殴った後「韓国人は嫌いだ」と発言したとも伝えた。

イ・ユジン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:3/21(木) 8:12
ハンギョレ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ