ここから本文です

横浜流星の“ハイブリッド壁ドン”にファン悶絶!震える女子に「大丈夫?」と甘い言葉

3/21(木) 12:46配信

Movie Walker

渡辺あゆの人気コミックを映画化した『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の初日舞台挨拶が3月21日に新宿バルト9で開催され、上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星、川村泰祐監督が登壇。抽選で選ばれたファンに、横浜が“壁ドン”、杉野が“バッグハグ”をプレゼント。目の前で繰り広げられたリアルな胸キュンシーンに、会場からは悲鳴のような大歓声が沸き起こった。

【写真を見る】近すぎる!横浜流星、ファンの目をじっと見つめて壁ドン!

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の共演で実写映画化され、“壁ドン”ブームを巻き起こした人気コミックを、キャストを一新して再映画化した本作。平凡な女子高生・葵(上白石)と学校一のイケメン・柊聖(杉野)のもとに、柊聖の従兄弟・玲苑(横浜)があらわれ、3人でドキドキの同居生活をスタートさせる姿を描く。

恋愛映画初挑戦となった上白石は、初日を迎えるにあたって「昨日の夜からお腹が痛い。本当に緊張しています」とコメント。「出演が決まった瞬間から、常にプレッシャーと不安と怖さがずっとそばにあった。いま浮かぶのは、スタッフの方々の顔」と周囲に感謝していた。

イケメン2人と三角関係を繰り広げた上白石は、オススメの胸キュンシーンを聞かれると「私にとっては、お2人が私の顔を見ているだけで『ごめんなさい』なんです」とすべてが胸キュンだと告白。「何人がこの役をやりたいだろうと思うと、本当に申し訳ない。ごめんなさい。でもありがとうございます」と複雑な心境を吐露したが、この日はそのイケメン2人が観客に胸キュンのプレゼントをすることに。

抽選で選ばれた女子2人がステージに上がり、横浜は女子の目を見つめながら、用意された壁に向かって“壁ドン”。さらに女子の背中をグイと引き寄せると、会場からは「キャー!」と大歓声。横浜は「ハイブリッド壁ドンです」と説明したが、杉野が「大丈夫?息してる?震えちゃってる!」と心配するほど、女子は「ヤバい…」と驚きまくり。横浜は「大丈夫?」と優しく語りかけてキュンとさせつつ、「うらやましい?今度みんなにやってあげます」と会場中をうっとりとさせていた。

続いての杉野は、“バッグハグ”をプレゼント。決めセリフを放つつもりが噛み倒してしまい、これには横浜も「杉野らしい」と笑顔。ハグされた女子は「一生応援し続けます!」と大感激だった。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:3/23(土) 19:05
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事