ここから本文です

元DeNA荒波がメキシカンLの球団と正式契約「ここまで来たからには楽しむ」

3/21(木) 14:52配信

Full-Count

昨季終了後にDeNAを戦力外、モンテレイのキャンプに練習生として参加

 元DeNAの荒波翔外野手が19日(日本時間20日)、メキシカンリーグのスルタネス・デ・モンテレイと契約を結んだ。昨年限りでDeNAを戦力外となっていた荒波は新天地を求め、2月下旬からモンテレイのキャンプに練習生として参加。俊足強肩の荒波は、1番打者を探していたチームの補強ポイントに合致した。オープン戦でも1、2番打者として起用されており、主軸につなぐ切り込み役としてアピール。4月4日(同5日)の開幕戦、レオネス・デ・ユカタン戦でのスタメン出場を目指す。

【一覧】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 正式契約を勝ち取った33歳外野手は、改めて野球ができる喜びを噛みしめているという。

「(昨年秋に戦力外を通達され)5か月くらいチームに所属していない状態だったので、今は野球ができる喜びを感じている。海外でプレーすることは、誰もができることではないし、行ってみないとどんなところかも分からない。日本に来る外国人選手たちを見ていて、日本と違う野球スタイルにも興味があった。言葉の壁もあるし、自分でもすごい選択をしたなと思うけど、ここまで来たからには楽しんでやりたい。1日1日が勝負。日本と違ってシーズン終了まで保証されているわけではないので、長いスパンでプレーすることが目標。プレーで(恩を)返していけたらいいなと思います」

 メキシカンリーグの印象については「こっちの打者は体全体を使って力強いスイングをする選手が多い。ただ、守備は日本の方が基本がしっかりしている」と話す。その中でも「僕は力では負けるけど、日本でやってきたように足を使って塁に出て、集中力を切らさずに揺さぶりをかけたい。走るだけでなく、リードを大きくして牽制を投げさせたりして、流れを変えられるようにしたい」と、自身の姿を思い描いている。

 投手については「クイックが意外に速い」印象があるというが、「配球も日本と似ているし、何球かに1度、足を高く上げて投げる時もあるので狙っていきたい」と分析。日本で通算62盗塁を記録した俊足を、メキシコでも最大限生かそうと意気込んだ。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 15:22
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事