ここから本文です

日本戦へ負傷者続出も揃った強力な面々…“南米の雄”コロンビア代表の猛者たち

3/21(木) 13:29配信

SOCCER KING

 負傷者が相次いでいる。日本代表と22日に対戦するコロンビア代表は、守護神のダビド・オスピナ、右SBサンティアゴ・アリアス、ロシア・ワールドカップで日本から直接FKを決めたフアン・フェルナンド・キンテーロが所属クラブの試合で負傷。アジア遠征不参加となった。

【結果一覧】森保ジャパンの全12試合

 それでも、“南米の雄”の顔ぶれを見ると「緊急事態」とは言い難い。日本戦へのメンバーに名を連ねたのは、いずれも世界トップクラスの実力を誇る猛者たちだ。

写真=ゲッティイメージズ

ジェイソン・ムリージョ(バルセロナ/スペイン)

足下のテクニックとスピードを兼ね備え、対人プレーで強さ見せるDF。2015年のコパ・アメリカでは、ブラジル戦で決勝点をマークするなど活躍し、最優秀若手選手賞と大会ベストイレブンを受賞した。昨年12月21日、バレンシアからバルセロナへ今シーズン限りのレンタル移籍で加入した。

ジェリー・ミナ(エヴァートン/イングランド)

ロシアW杯では、DFながらグループステージ第2節から決勝トーナメント1回戦まで3試合連続で得点を記録。全てがヘディングによるゴールだったことが示す通り、195cmの長身を活かし攻守で存在感を放つ。昨夏、バルセロナからエヴァートンに移籍し、リーグ戦12試合に出場している。

ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)

2017年、クラブレコードの4200万ポンド(約61億円)でトッテナムに加入。22歳ながらすでに主力としてプレーを続けている。スピード、高さ(身長187cm)、球際の強さを併せ持ち、1対1の場面では圧倒的な強さを誇る。20歳でコロンビア代表デビューを飾っており、将来が期待される次世代のスター候補だ。

ウィルマル・バリオス(ゼニト/ロシア)

広い守備範囲とボール奪取能力の高さから、ボカ・ジュニオルス在籍時に「コロンビアのカンテ」と称されたMF。ロシアW杯の日本戦では、前半のうちにMFフアン・クアドラードとの交代で途中出場していた。昨年10月にはレアル・マドリードへの移籍が噂されるなど、ビッククラブからも注目されていたが、今年1月にゼニトへの移籍した。

ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)

ワールドカップでは2大会連続でコロンビア代表の“10番”を託された司令塔。2014年ブラジルW杯の日本戦では1ゴール2アシストを記録した。直近のリーグ戦(マインツ戦)でハットトリックをマークし来日。日本戦へ向けて好調をキープしている。

1/2ページ

最終更新:3/21(木) 13:37
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事