ここから本文です

「かなしきデブ猫ちゃん」絵本出版を知事報告 早見さん・かのうさん

3/21(木) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛新聞で連載された童話「かなしきデブ猫ちゃん」の絵本発売を前に、作者の小説家早見和真さん(41)=松山市在住=と絵本作家かのうかりんさん(35)=今治市出身=らが20日、県庁を訪れ、中村時広知事に絵本の完成を報告した。
 2人は連載開始前の昨年4月にも中村知事を訪問。約1年を経て、改めて愛媛を舞台に描いた作品への思いを語った。
 早見さんは「3年前に引っ越してきて感じたのが、文学の街を掲げている割にみんなが本を読んでいないということ。ならば小説家として、愛媛の人に愛される物語を作ってみようと思った」と企画の端緒を紹介。「想定していたよりも良い反応を得られた」と連載中の手応えを語った。
 かのうさんは連載中は米・ロサンゼルスに滞在し、創作活動を続けた。現地では個展も開いたといい、「会場でも主人公のマルは大人気。今度の旅行は愛媛に行くという声ももらえた。(愛南町の)外泊の風景が特に気に入っていたようだ」とほほ笑んだ。
 「ぜひ物語を広める協力を」と2人から絵本をプレゼントされた中村知事は「旅のガイドブックにもなるような本」とページをめくりながら「今度は松野町のキャニオニングを取り上げては」などと続編へのアイデアも提案していた。
 かなしきデブ猫ちゃんは、25日から全国の書店などで発売。A4判、80ページ、1944円。

愛媛新聞社

最終更新:3/21(木) 13:50
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事