ここから本文です

ワールドグランプリで日本と同組のスペインがロシアを逆転で下し、2連勝。本日15時より日本戦

3/21(木) 1:40配信

ゲキサカ

【IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019 A組】(品川区立天王洲公園)

スペイン代表 4-2(前半2-1)ロシア代表

 昨年の世界選手権4位のロシア代表と同5位のスペイン代表の実力者同士の一戦は、一進一退の攻防が続いた。試合が動いたのは前半9分。ロシアの選手がスペインゴール前にドリブルで前進した時に、ハビエル・ムニョスが背後から激しくスライディング。これが反則をとなり、ロシアにPKが与えられた。デニス・エゴロフが確実に決めて先制ゴール。前日、日本代表戦でスコアレスドローに終わったロシアにとっては今大会初ゴールとなった。

 しかしスペイン代表は1分も経たないうちにすかさず反撃。前半10分、セルヒオ・アラマールが左のフェンス際でボールを奪うと一気に中央に切れ込み、左隅に決めて同点とした。さらに13分、この大会初先発のスペイン代表・ユースフ・エル・ハダウィがルーズボールをとり、右サイドから中央に切り込む。3人横に並んでいたロシア代表の守備網のギャップをスピードで突き破り、勝ち越し弾を決めた。

 後半に入るとなかなか追加点を奪えない展開が続いたが同14分、相手ゴール前のFKを起点にハダウィが決めて3点目。さらに1分後にも、前半に同点弾を決めたアラマールが決め、勝利を決定づけた。ロシア代表は3点を追う同15分にアンドレイ・ククリンが決め2点差に迫ったが、それまでの失点が多すぎた。

得点者
[スペイン代表]
セルヒオ・アラマール(前半10分、後半15分)
ユースフ・エル・ハダウィ(前半13、後半14分)

[ロシア代表]
デニス・エゴロフ(前半9分)
アンドレイ・ククリン(後半15分)

≪先発メンバー≫
[スペイン代表]
前半
GK13セルヒオ ロドリゲス
FP11ビセンテ・アギラール
FP8ハビエル・ムニョス
FP10ユースフ・エル・ハダウィ
FP7セルヒオ・アラマール

後半
GK13セルヒオ ロドリゲス
FP6アドルフォ アコスタ
FP8ハビエル・ムニョス
FP10ユースフ・エル・ハダウィ
FP7セルヒオ・アラマール
ガイド セフェリノ・サンチェス
監督ヘスス・バルゲリアス

[ロシア代表]
前半
GK1アントン・ラコヴレフ
FP3アンドレイ・チホノフ
FP5セルゲイ・マンゾス
FP7デニス・エゴロフ
FP9エヴゲーニィ・イバノフ

後半
GK1アントン・ラコヴレフ
FP3アンドレイ・チホノフ
FP5セルゲイ・マンゾス
FP7デニス・エゴロフ
FP6アンドレイ・ククリン
ガイド ヴィタリー ブドゥキン
監督アレクサンドル・エラストフ
【注】番号は背番号

▼ワールドグランプリ 日本代表メンバー
▼ワールドグランプリ日程 / ルール

最終更新:3/21(木) 1:40
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事