ここから本文です

アトレティコMFの獲得間近?シティがついにフェルナンジーニョの後釜確保か

3/21(木) 10:11配信

ゲキサカ

 マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)の獲得に迫っているようだ。米『ESPN』が伝えている。

 ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しを最優先事項としているシティ。だが、イタリア代表MFジョルジーニョ(→チェルシー)、ブラジル代表MFフレッジ(→マンチェスター・U)、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(→バルセロナ)と相次ぎ獲得に失敗している。

 そんな中、シティが今夏に獲得を目指しているのがサウールだ。アトレティコ下部組織育ちのサウールは、パス、ドリブル、優れた判断力で攻撃を活性化させ、守備では豊富な運動量、厳しいプレスでチームに貢献するMF。昨年7月に2026年まで新契約を締結し、契約解除金は1億3000万ポンド(約164億4000万円)に設定されている。

『ESPN』によると、バルセロナもサウール獲得に興味を示しているようだが、シティ移籍の可能性が濃厚だという。アトレティコは1億2000万ユーロ(約151億8000万円)を求めているようだが、最終的には8000万ユーロ(約101億1000万円)で成立する見通しだという。果たして、シティは念願のフェルナンジーニョ後釜確保となるだろうか。

最終更新:3/21(木) 11:08
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事