ここから本文です

マスク姿で調整…花粉症に悩む女子プロたち

3/22(金) 7:41配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 事前(21日)◇茨木国際GC(大阪)◇6240yd(パー71)

【写真】こちらもマスク…

大会初日を前日に控えた練習日。雨上がりで花粉量も少ないはずだが、多くの選手が花粉症予防のために、マスク姿で調整した。20歳の三浦桃香は「鼻水と大迷惑な大きなくしゃみをしてしまうんです」と厳しい表情で説明した。

会場の茨木国際GCは最も低い2番ティが海抜70mで、最も高い17番ティが同200m。高低差130mとアップダウンが激しいだけに「本当に疲れますよね」と肩で息をするほど。初日についてもマスク姿でのプレーを検討している。

22歳の高木萌衣もマスク姿で練習した。小学5年からスギ花粉に悩まされており、「頭が痛くて、ぼーっとしてしまいます。パッティングに集中したいときに鼻がムズムズするのが嫌。大変です」と話した。

ティショットなどではサングラスで目を保護し、歩くときはマスクを着用する。「両方するとサングラスが曇っちゃうんですよ」。ワセリンを鼻に塗るなど、対策を重ねてはいるものの、苦労はつきない。

週末の天気予報は晴れで、花粉量も多くなることが予想されるが、前年覇者の鈴木愛は花粉症について問われ「大丈夫です。家族で花粉症の人は誰もいません。(父・健司さんが)製材業をやっていたので」とキッパリ。コース外での戦いも順位を大きく左右しそうだ。(大阪府茨木市/玉木充)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事