ここから本文です

クビアトのレッドブル復帰を期待するロシア出身元インディカードライバー

3/22(金) 19:34配信

TopNews

ロシア出身のレーシングドライバーであるミカイル・アレシンは、同郷のダニール・クビアトが今後レッドブルに復帰する可能性もあると考えている。

レッドブルの育成ドライバーであったクビアトは2014年にジュニアチームのトロロッソからF1デビューを飾ると、翌2015年にはフェラーリへ移籍したセバスチャン・ベッテルの後任としてレッドブルに昇格。その年は序盤こそ苦戦が続いたものの、最終的にはチームメートのダニエル・リカルドを3ポイント上回るトータル95ポイントを獲得する走りを見せた。

ところが、翌2016年シーズン序盤はフェラーリのベッテルと数度にわたってクラッシュするなど、荒れた走りが目につくこととなり母国で開催された第4戦ロシアGPを最後にマックス・フェルスタッペンと入れ替えにトロロッソに降格されてしまう。

2017年もトロロッソに残留したクビアトだったが、シーズン終盤にピエール・ガスリー(現レッドブル)にシートを明け渡し、レッドブルとの契約も解除されてしまった。

2018年はフェラーリの開発担当ドライバーを務めたクビアトは、レッドブルの育成ドライバー不足という側面もあり、リカルドのルノー移籍で空いたシートにガスリーが昇格したことを受け、2019年に2年ぶりにトロロッソに復帰するという、波瀾万丈とも言えるF1キャリアを送ってきている。

先週末に行われたF1開幕戦オーストラリアGP決勝を15番グリッドからスタートしたクビアトは17番グリッドスタートだったレッドブル・ホンダのガスリーに背後につけられたものの、最後までつけいるすきを与えず、10位でフィニッシュし復帰戦で1ポイントをチームに持ち帰っている。

2017年までインディカーで活躍し、現在はSMPレーシングのドライバーとしてWEC(世界耐久選手権)に参戦しているアレシンは、クビアトが再びトップチームのレッドブル・ホンダに迎え入れられるチャンスもあるだろうと考えている。

「メルボルンでクビアトが自分の性格を示し、ピエール・ガスリーに追い抜かせなかったのは非常にいいことだったよ」

「なぜガスリーがあれほど目立たない走りしかしなかったのかはよく分からない。だけど、もしクビアトが同じ気持ちでやり続けていけば、僕たちはダニールがより強いチームに移籍する可能性もあると期待することができるよ」

ロシアの『Sportbox(スポルトボックス)』にそう語った31歳のアレシンは次のように付け加えている。

「そんなことを考えるのは時期尚早だということも分かっているよ。だけど、もちろん、僕たちにとってこの状況はポジティブだよ」

最終更新:3/22(金) 19:34
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事