ここから本文です

「除雪」の動画でこんなに感動するとは…深夜に動く「プロ集団」の裏側 苦情電話の後に…ほろ泣きのラスト

3/26(火) 7:00配信

withnews

札幌市を舞台にした「ある動画」が話題になりました。人通りがなくなった深夜、人知れず取り除く縁の下の力持ち。その名も「札幌市除雪センター」です。時に、市民から寄せられる苦情に耳を傾けながら、ひたむきに仕事に打ち込む。除雪のプロが一番うれしい瞬間とは?再生回数が25万回を超えた動画の主人公たちに話を聞きました。(朝日新聞北海道報道センター記者・田之畑仁)

【動画】「除雪」動画でこんなに泣くなんて……人通りがなくなった深夜、寒空のなか働く縁の下の力持ちたち

3分の映像

動画の発信源となったのは、サントリーの缶コーヒー「BOSS」のCMです。

実在の「札幌市中央区中地区除雪センター」を舞台に、深夜の除雪や、市民からの苦情に対応する様子などが描かれます。

約3分の映像の後半には、苦労が報われるシーンもあり、登場人物が前を向くというストーリーになっています。

除雪センター長の太田克之さん(41)と、動画に出演して主役を務めたセンター職員の成田俊一さん(43)に話をうかがいました。

「実は最初は、お断りしようと思っていたんです」

――最初にCMの話が来たのはいつごろだったのでしょうか?

太田さん「確か昨年の11月末ごろだったと思います。札幌市の担当課を通じて、除雪センターの仕事について取材と撮影をしたいと、そんな話だったと思います」


――その時は、どう思われましたか?

太田さん「実は最初は、お断りしようと思っていたんです。実際の現場の撮影や取材をしたいということだったのですが、希望があった1月というのは、現場作業がまさにピークを迎えるころなので、それどころではないだろうと。ただ、事前に絵コンテというんですか、台本のようなものが送られてきたので、とりあえず除雪の現場経験が15年とセンターの中でいちばん長い、成田さんに相談しました」

成田さん「相談を受けて絵コンテを見せてもらったのですが、そこに描かれていた内容に驚きました。『これはまさに自分たちのことじゃないか。おもしろいぞ』と。ぜひ依頼を受けるべきだと思いました」


――それで、主役として出演することも快諾されたと。

成田さん「まあ、そうなりますね」

1/3ページ

最終更新:3/26(火) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事