ここから本文です

髙山善廣とドン・フライが17年ぶり対面、スタジオが涙した奇跡も

3/22(金) 17:02配信

イーファイト

 2017年5月にプロレスの試合中に頸髄完全損傷の重傷を負い、首から下が動かない壮絶な闘病生活を送る人気レスラー・髙山善廣(52)が、かつて死闘を繰り広げた因縁のライバルであるドン・フライ(53)と17年ぶりに対面。
 TBSで3月22日(金)よる8時54分から2時間枠で放送する『今夜解禁!ザ・因縁』で放送される。

【フォト】壮絶に打ち合う髙山とドン・フライ

 両者は2002年6月23日の『PRIDE.21』で対戦し、両者が組み合っての状態で殴り合いを展開。観客を熱狂させた。
髙山は今年1月9日のブログでドン・フライ戦を振り返っている。
「ドン・フライ対策は、首相撲で固めて膝蹴りでスタミナを奪う作戦だった。でもゴングが鳴ると同時に、奴は激しく殴りかかって来やがった。俺も「これはいくしかねーや」と無我夢中で殴り合った」と、激しく殴り合った理由を説明。

 しかし試合では負けてしまって落ち込んだが、周りの反応が違ったという。
「控室に戻る道でもの凄い声援をもらったり、翌日から道を歩いているだけで『この前の試合凄かったよ』と声かけてもらったり、周りの反応が明らかにこれまでと違っているのを感じた。『もしかして俺様は凄いことをしたのかも???』」と、この試合が大きな転機であったと綴った。
さらに「ドン・フライ戦の写真を見るだけであの時のことを思い出す。リハビリ頑張ろうと思える」と、あの激しかったドン・フライ戦が現在リハビリの励みにもなっているという。

 テレビでは「スタジオが涙した奇跡の復活劇」とも予告される。
17年ぶりの対面で何かが変わるのか。
 髙山はブログで「3/22(金)TBS 20:54~22:54「今夜解禁!ザ・因縁」是非観てください!」と綴っている。

最終更新:3/22(金) 17:02
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事