ここから本文です

【高松宮記念】森田師「フジが一番好調」3頭出しで念願の初G1奪取だ!

3/22(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 森田直行調教師(57)=栗東=は春の短距離王決定戦に3頭を送り出す。「うれしいこと。このレースを目標にしてきたからね」と21日、笑顔で話した。

【写真】電撃戦を制すのは…有力馬の馬体を徹底チェック

 ダイメイフジとダイメイプリンセスは20日に栗東坂路で併せ馬を敢行。「フジが先着したように、現在はこの馬が一番調子が良さそう。前走(オーシャンS3着)のような競馬ができれば面白いよ。プリンセスも減っていた馬体は戻っているのは好材料」と手応えをつかんでいる。

 もう1頭のラブカンプーは昨秋のスプリンターズSで、11番人気の低評価に反発するかのように2着と大健闘。復帰後の今年2戦はシルクロードS18着、オーシャンS16着とさっぱりだが「最後にやめてしまっているが、今回から着用するブリンカー効果に期待したい」と巻き返しを狙っている。

 昨年は高橋忠師がファインニードルでJRA・G1初制覇を飾った。今年は開業6年目の森田師が、スプリント路線で実績を出してきた3本の矢で、厩舎初のビッグタイトルを狙う。

最終更新:3/22(金) 9:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事