ここから本文です

中田春彌「Levius」Netflixでアニメ化!制作はポリゴン・ピクチュアズ

3/22(金) 9:00配信

コミックナタリー

中田春彌「Levius -レビウス-」のアニメ化が決定。Netflixオリジナルアニメシリーズとして、今冬全世界に独占配信される。

【動画】Netflixオリジナル「Levius」ティザー映像(メディアギャラリー他1件)

「Levius -レビウス-」は戦争によって父親と自分の右腕を失い、母親も植物状態となった孤独な少年・レビウスが、人体に機械を融合させて戦う“機関拳闘”に没頭しその才能を開花させていく物語。月刊IKKI(小学館)で連載をスタートし、雑誌の休刊後は続編「Levius/est」をウルトラジャンプ(集英社)にて発表している。

アニメーションは「シドニアの騎士」「亜人」シリーズ、劇場3部作「GODZILLA」のポリゴン・ピクチュアズが制作。総監督は瀬下寛之、シリーズ構成は瀬古浩司、キャラクターデザインは森山佑樹、音響監督は岩浪美和、音楽は菅野祐悟が担当するなど、アニメ「亜人」のメインスタッフが再集結している。また「亜人」ではエピソードディレクターを務めた井手恵介が、同作で初めて監督に挑戦。「初見の方はもちろん、原作ファンの方にも楽しんで頂けるアニメにしたいと思っています。ご期待ください!」とコメントを寄せた。さらにアニメ化発表に併せ、ティザーアートとティザー映像が解禁。ティザーアートには鋭い眼差しを向けるレビウスの姿が描かれ、ティザー映像には闘技場での激しいバトルの様子が収められた。

※記事初出時、画像に誤りがありました。現在は正しい画像に差し替えております。

■ 井手恵介監督コメント
アニメ化するにあたり原作の漫画とはまた違った魅力を出そうと、設定・ストーリーを原作者、脚本家と共に考えました。まだ制作中ではありますが、初見の方はもちろん、原作ファンの方にも楽しんで頂けるアニメにしたいと思っています。ご期待ください!

■ Netflixオリジナルアニメシリーズ「Levius」
2019年冬全世界独占配信

□ スタッフ
原作:中田春彌(集英社 ヤングジャンプ コミックス・ウルトラ)
総監督:瀬下寛之
監督:井手恵介
シリーズ構成:瀬古浩司
脚本:猪原健太、瀬古浩司
プロダクションデザイン:田中直哉、Ferdinando Patulli
キャラクターデザイン:森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則
CGスーパーバイザー:岩田健志
美術監督:畠山佑貴
色彩設計:野地弘納
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:ポリゴン・ピクチュアズ

(c)中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事