ここから本文です

友道師JRA通算500勝へあと“2”

3/22(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 JRA通算500勝まであと“2”。節目の記録を前にしても、友道康夫調教師(55)=栗東=は至って自然体だ。「全く気にしていない。通過点?そうかな」。400勝は16年アルゼンチン共和国杯のシュヴァルグランで華やかに決めたが、それも「帰りの電車で、JRA職員の方に電話でコメントを求められて。それぐらいの思い出」と苦笑いだ。

 ただ、今回のメモリアルも華やかに決める可能性は十分ある。土曜阪神11R毎日杯のウーリリ、土曜中山11R日経賞のエタリオウはともに有力候補だ。「ウーリリはまだ非力ですが、休養効果で馬体は良くなった。パワーアップした姿を実戦で見せられれば。エタリオウはいいと思う。中山コースはどうかも、力さえ出し切れれば。重賞でメモリアル?そうなればいいですね」とVを見据えていた。

 あくまでも「一つ一つの積み重ねが大切」がモットー。その上で「大きなレースは勝ちたい。それは常に従業員に言っていること」と野心をのぞかせる。来週はシュヴァルグランとヴィブロスがドバイに、マカヒキとワグネリアンが大阪杯にスタンバイ。今週の精鋭7頭で節目を超えて、次週のビッグタイトル奪取につなげたい。(デイリースポーツ・松浦孝司)

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事