ここから本文です

マスク着用時でもiPhoneの「Face ID」を使えるようにする方法

3/22(金) 6:00配信

ITmedia Mobile

 花粉症の季節は、人によってはマスクが手放せなくなります。その際、iPhoneユーザーにとって困るのは、Face ID(顔認証機能)が使えなくなること。マスクを着けると鼻や口が隠れてしまい、顔を読み取れなくなるからです。ロック解除はもちろん、Apple Payで決済をするときにもFace IDを使うので、これが使えないと非常に不便です。

マスクを着用時でもFace IDを使えるようにする方法

Face IDとは

 Face IDは、iPhoneのディスプレイ上部にある、切り欠き部分が鍵となります。切り欠き部分には「TrueDepth(トゥルーデプス)」カメラシステムが搭載され、ドットプロジェクター、赤外線カメラ、投光イルミネータで構成されています。Appleは「3万以上の目に見えないドットを顔の上に投射して解析し、顔の深度マップを作成して、顔の正確なデータを読み取る」と説明しています。

 一度登録した顔は使っていくうちに、iPhoneが学習して認証精度が向上します。Appleは「A12 Bionicチップのニューラルエンジンの一部が、深度マップと赤外線イメージを数学的モデルに変換し、そのモデルを登録済みの顔のデータと照合する」と説明しています。

 マスクを着けて鼻や口が隠れてしまうと、登録済みの顔データと一致しなくなるため、Face IDで認証されなくなるのでしょう。これだけのテクノロジーが搭載されたiPhoneですが、認証されなくなっては不便ですし宝の持ち腐れです。

マスクを着けながらFace IDで認証する方法

 やはり顔が隠れていては、認証はうまくいかないので、使うときだけマスクを外すか、パスコードを打つ必要があります。それはさすがに面倒なので、回避する方法が他にもないか探ったところ、顔のある部分までマスクを下げれば認証されることが分かりました。

 それは「鼻」です。

 目と鼻が見えていれば、口が隠れていても認証する場合があることが分かりました。マスクを下ろして、鼻全体が見えるようにするのがポイントです。

 通勤中や移動中など、iPhoneを使う時間帯だけ鼻は出したままにして、口で呼吸をするのがいいかもしれません。Face IDで認証をするときだけマスクを鼻が見えるまで下げるのも手です。やや面倒ですが、あごまで下げるよりは楽です。

 マスクを着けて鼻を出したた状態で顔を登録すると、認証がスムーズになるが、それでもうまくいかない場合は「もう一つの容姿」を設定してみましょう。

 Face IDの設定項目には「もう一つの容姿を設定」という項目があり、2度目の顔登録を行えます。マスクで鼻を覆った状態では登録できませんが、鼻を出せば登録できます。前述のように、内部のチップなどを使って「使っていくうちに人の顔を継続的に学習していく」ので、「なかなか認証されない」という方は一度試してみてください。

 繰り返しになりますが、徐々に学習していくので、「鼻を出した」「2度目の登録をした」からといって、すぐには認証の精度は向上しません。

今後のiPhoneに期待すること

 今や十数万円もするiPhoneですが、こんなささいなことで手を煩わせているようでは、テクノロジーもまだまだ進化の余地があります。

 最近では、顔認証に加えてディスプレイに指紋センサーを内蔵した機種も増えているので、将来的にはユーザーが1台の端末で、複数の生体認証を選べるようになると良いかもしれませんね。iPhoneであれば「顔」と「指紋」両方の認証機能を搭載してくれれば、マスク着用時は指紋で認証できるので、より便利になるでしょう。

ITmedia Mobile

最終更新:3/22(金) 6:00
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事