ここから本文です

「Windows Defender ATP」改め「「Microsoft Defender ATP」、Mac版プレビュー開始

3/22(金) 7:33配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは3月21日(現地時間)、法人向けエンドポイントセキュリティ対策サービス「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」の名称を「Microsoft Defender ATP」に改め、そのMac版の限定プレビュー提供を開始したと発表した。

その他の画像

 Windows Defender ATPは、2016年8月のWindowsの「Anniversary Update」で登場したセキュリティ対策サービス。端末の動作ログを収集し、異常な動作があると脅威情報データベースと照合して問題があればアラートを出す。

 このサービスをWindows以外のプラットフォームでも利用できるようにしたため、名称を変更した。同社はかつて同じ理由で「Windows Azure」を「Microsoft Azure」に改称している。

 Mac版は、macOS Sierra以降のmacOS搭載端末にインストールできる。Mac版「Microsoft Office」と同様に、「Microsoft AutoUpdate」の自動更新で常に最新の状態を保てる。

 米国のMicrosoftのサイトにプレビュー参加申し込みページがあるが、日本語版には本稿執筆現在、まだない。

 Microsoftは15日には、「Windows Defender」のChromeとFirefox向け拡張機能を発表している。

ITmedia NEWS

最終更新:3/22(金) 7:33
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事