ここから本文です

【振付師・宮本賢ニの解説】ケガの影響やブランク感じなかった羽生

3/22(金) 9:00配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・世界選手権」(21日、さいたまスーパーアリーナ)

 男子ショートプログラム(SP)で2014年ソチ、18年平昌両五輪金メダリストの羽生結弦(24)=ANA=が94・87点で3位発進した。日本での実戦は平昌五輪後では初めて。23日のフリーで2年ぶり3度目の世界一を目指し、107・40点でトップのネーサン・チェン(米国)との12・53点差逆転に挑む。

【写真】演技を終えた羽生 表情は…

  ◇   ◇

 羽生選手は6分間練習のとき、上着を着用したまま4回転トーループを跳んでいた。調子がいいと思っていたし、問題ないと踏んでいた。

 本番でもスピードがあったし、落ち着いているように感じられた。それだけに、最初の4回転サルコーが2回転になったことについては理由が見当たらない。右足首の影響やブランクも感じなかった。こういう経験をしてきたし、気持ちも切り替えていた。

 もっとも、その後のトリプルアクセルはスピード、高さ、幅とも申し分なかった。4回転+3回転のトーループも、2つ目のトーループで手を上げていて良かった。ステップシークエンスも盛り上げるように滑り、プログラムに流れがあった。

 首位との12・53点差は、本人が一番悔しいはず。フリーでは悔しさを込め、素晴らしいジャンプを決めて滑りきると思っている。

 宇野選手は4回転トーループの後、自己分析して3回転を2回転にした。無理やり3回転を跳んでいたら、流れが止まっていたかもしれない。練習通りにできれば、フリーでは高得点を狙えるだろう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事