ここから本文です

「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー提供開始

3/22(金) 9:11配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは3月21日(現地時間)、仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop(以下「WVD」)」のパブリックプレビューを開始したと発表した。

利用に必用なライセンス一覧

 WVDはMicrosoftが昨年9月に発表した、「Microsoft Azure」で提供する仮想デスクトップ環境。2020年1月にサポート終了予定の「Windows 7」もWVD上で利用できることで特に注目を集めた。

 Azure上で稼働するので、性能の低いタブレットなどでもWindowsのアプリを利用できる。

 プレビュー版のWVDは無料だが、利用するには有料のAzureのサブスクリプションが必要だ。

 WVDを利用できる環境は、「Windows 10 Enterprise」「Windows 7」「Windows Server 2012 R2, 2016, 2019」の以下のライセンスだ。

ITmedia NEWS

最終更新:3/22(金) 9:11
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事