ここから本文です

山口真帆 運営に再反論「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいる」と告発

3/22(金) 16:26配信

東スポWeb

 アイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)が22日、ツイッターでNGT48の運営会社「AKS」などに再反論した。

 AKSは新潟市内で会見を開き、第三者委員会による調査結果を説明した。報告書に基づき、山口への暴行事件について他のメンバーの関与はなかったと結論づけた。

 運営側は解決をアピールしたが、山口は反論ツイートを連発。

「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」と悲痛な胸中を明かした。

 そして、自身の謝罪用コメントの画像を貼り付け「松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました」と裏事情を暴露した。

「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と語気を強め、対決姿勢を鮮明にした。

最終更新:3/22(金) 16:30
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事