ここから本文です

フィギュア=世界選手権SPで羽生3位、宇野は6位

3/22(金) 9:08配信

ロイター

[東京 21日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで男子ショートプログラム(SP)を行い、右足首を故障してからの復帰戦となった冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)は、94.87点で3位に入った。

冒頭に予定していた4回転サルコーが2回転になってしまった羽生。頭が真っ白になったと述べたが、ここからミスを修正することは可能だと話し、23日のフリーに向けた意気込みを見せた。

宇野昌磨は91.40点で6位、田中刑事は19位だった。

ディフェンディングチャンピオンのネーサン・チェン(19)が107.40点で首位。ジェーソン・ブラウン(24、ともに米国)が96.81点で2位発進となった。

最終更新:3/22(金) 9:08
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事