ここから本文です

山口真帆は報告書に不満「私が言ったこと書いてない」、AKSが会見で明かす

3/22(金) 14:17配信

デイリースポーツ

 アイドルグループ・NGT48の運営会社であるAKSは22日、新潟市内で、NGT48メンバーの山口真帆(23)が昨年12月、男性2人から暴行される被害を受けた騒動についての、第三者委員会による調査報告を発表する会見を行った。調査報告書は21日に公表されていた。

【写真】手も足もガリガリ 気丈に劇場公演に出演した山口真帆だったが…

 会見には、AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48の劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人の岡田剛氏が出席。冒頭で山口やメンバー、その父兄、ファン、クライアント、地元を中心としたメディアらに対して謝罪。松村氏は「管理体制やセキュリティが不十分だったために、山口に事故に遭わせ、メンバーやご父兄の心に深い傷を与えてしまったこと、大変申し訳ございませんでした」とした。その上で報告書についての説明を行った。第三者委員会の構成員は出席しなかった。

 報告書の内容を伝えられた際の山口の対応について、早川氏は「山口に説明をした時は、やはり『私が言ったことがちゃんと書いてないじゃない』という不満を持っておりました。事実としてこのような調査報告書が上がってきたことには、真摯に受け止めていると感じられていると思います」と回答。さらに「『自分が言ったことが書かれていない』というのが、どの部分を指しているかまでは話していませんが、『これがすべてだよ』と言われて、『そうですか』と納得している感じではなかった」と、いまだ強い反発が残っていることを明かした。

 社内処分に関しては松村氏を含む2人が無期限の減給30%の処分を受けたと説明。また、今回の件でグループの総合プロデューサーである秋元康氏がコメント等を発表していないことには「憂慮されておられます。早くNGTが次の道に進めるようになりたいなと考えていると思われます」としつつ、「NGTの運営に関してはAKSが全権を握っております。秋元さんはクリエイティブのところを担当しています」と話すにとどめた。

 山口は今年1月8日、自身のSNS等で、昨年12月8日に新潟市内の自宅で男性2人から暴行を受けたことを告白。1月10日に新潟市のNGT48劇場で行われた公演に出演し、騒動について謝罪したが、以降は公演や握手会にも出席せず、活動休止状態となっている。第三者委員会は2月1日に発足し、メンバーやスタッフ等への聞き取りを中心に調査を行っていた。

最終更新:3/22(金) 18:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事