ここから本文です

JR四国、ほぼ全線区赤字 個別収支を初公表

3/22(金) 11:19配信

共同通信

 JR四国(高松市)は22日、管内の全18線区ごとの収支状況を公表した。2013~17年度平均の営業損益は、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線児島(岡山県)―宇多津(香川県)間を除く17線区で赤字だった。JR四国が線区ごとの収支状況を明らかにするのは初めて。

 厳しい経営状況が改めて浮き彫りとなった。全18線区の13~17年度平均の営業損失は計約109億円だった。100円を稼ぐための経費である「営業係数」も公表。全体では144円で、数値が最も悪かったのは予土線の北宇和島(愛媛県)―若井(高知県)間で1159円だった。

最終更新:3/22(金) 19:06
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ