ここから本文です

英EU離脱、ゴールドマンが合意なき離脱の確率を引き上げ

3/22(金) 17:41配信

ロイター

[ロンドン 22日 ロイター] - ゴールドマン・サックスは22日、英国の欧州連合(EU)離脱について、メイ英首相の離脱案可決の確率が低下し、合意なき離脱の確率が上昇したとの見方を示した。

EU首脳は21日、英国のEU離脱を巡り、メイ首相がEUと合意した離脱協定案が英議会で来週承認されない場合、4月12日まで離脱日を2週間延期し、それまでに新たな計画を示すか、合意なき離脱を選ぶか決断するよう求めた。

ゴールドマンのアナリストは「離脱を少なくとも2週間延期することにより、英国とEUはあらゆる選択肢を当面確保した」と指摘。

同社は、メイ首相の離脱案が可決される確率を60%から50%に引き下げ、合意なき離脱の確率を5%から15%に引き上げた。

離脱中止の確率は35%で変わらず。

最終更新:3/22(金) 17:41
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事