ここから本文です

先輩が望む人材とは? 『男女別・理想の後輩ランキング2019』

3/22(金) 8:40配信

オリコン

 4月が近づき、今年も各企業では新社会人となるフレッシャーズを迎える準備をしている頃。すでに社会人である先輩たちは、これから一緒に働く後輩にどんな要素を望んでいるのだろうか。ORICON NEWSでは、30代~50代の社会人男女に、 “理想の後輩像”を有名人の中から選んでもらった。男性では昨年に引き続きプロ野球の【大谷翔平】選手が、女性は女優の【橋本環奈】が1位となった。

【ランキング表】俳優・女優、アスリート…各界で活躍するスターがTOP10にランクイン

■ストイックさと誠実さの“二刀流”で大谷翔平が3年連続の1位を獲得

 まずは“男性編”から見ていこう。3年連続で1位に選ばれたのは、北海道日本ハムファイターズからメジャーリーグに挑戦し、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した【大谷翔平】選手。投手と野手を両立する“二刀流”として、球速165km/hというNPB最速を記録。昨年は昨季は投手としては10試合先発に留まったが、打率は2割8分5厘、22本塁打、61打点と大活躍。見事ア・リーグ新人王に輝いた。右肘内側側副靭帯の再建術(トミー・ジョン手術)を受けた影響で今季指名打者として復帰を目指している。

 「理想の後輩」としてもストイックさと誠実さの“二刀流”を持ち、先輩たちが大いに支持した。「あんなに才能があるのに謙虚で好青年」(埼玉県/30代・男性)、「素直そう、育ちが良さそう、真っ直ぐで仕事の飲み込みが早そう。敵を作らないタイプだと思うので仕事がしやすそう」(神奈川県/50代・女性)と実直なスタイルが高く絶賛されている。

 “二刀流”という能力の高さはもちろん、野球に真摯に向かう姿勢が仕事の場でも「きっと仕事もデキるだろうが、人柄が良い」(愛知県/40代・男性)と即戦力として評価を受けているようだ。「さわやか。さわやかすぎる。社内にさわやかな風が吹きそう」(兵庫県/30代・女性)と女性たちも彼のような爽やかな後輩の入社を待ち望んでいるようだ。

■長年のキャリアと順応性で“即戦力”として期待の声多数の神木隆之介

 昨年3位からランクアップしたのは俳優【神木隆之介】。高校生役になじみのある神木だが、最近では映画やドラマで“新人・後輩”を演じることも多くなった。ドラマ『刑事ゆがみ』(2017年・TBS系)、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(2018年・NHK)などで社会人役で存在感を発揮。4月期ドラマの日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系)では、主人公・片岡(福山雅治)とともに銀行本部の下剋上に挑むワケアリ部下役を演じる。

 芸歴も長く、どんな役柄にも順応する彼に「何でもそつなくこなしそう。目上をたてるのが上手い。それでいて、上の人が失敗してもさらっとサポートしてくれそう」(福岡県/30代・女性)と期待の声が寄せられた。もちろん女性からは「かわいい、癒される存在のイメージ。真面目に仕事に取り組む姿が想像できる」(兵庫県/40代・女性)」といった声もあった。

■苦難を乗り越え、常に感謝の気持ちを忘れない羽生結弦

 3位はフィギュアスケート【羽生結弦】選手。昨年は平昌五輪での金メダル獲得で66年ぶりの五輪連覇を果たし、日本中を感動の渦に巻き込んだ。ここ数年はけがに苦しんだが、あらゆる経験を糧に、前向きに捉える人格も評価。23歳で国民栄誉賞を個人史上最年少受賞を果たしたが、「皆さまを代表しての受賞、という気持ちが大きく、僕個人の気持ちはあまり出したくない」と常に謙虚な姿勢が支持されている。

「仕事に真面目に取り組んでくれそう。何事にも一生懸命そう」(東京都/50代・男性)、「こんなに人として完成された人を他にしらない。もっと日本はたたえるべき!」(東京都/40代・女性)と称賛の声が多数。羽生選手のような有言実行の姿勢(その目標のために努力する姿勢)は、仕事をまかせた時の信頼感にもつながるはずだ。

 そのほか、8位に初登場したのは【平野紫耀(King & Prince)】。天然ぶりが目立つが、昨年12月30日放送の『うわっ!ダマされた大賞』(日本テレビ系)では、極寒の池にハマった人を自ら水に入って助けるなど男気ある一面を見せた。「手がかかりそうだけど、他人思いでいい子だと思うので」(群馬県/30代・女性)と人の良さと愛嬌という点から、女性の先輩からの支持が高かった。

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 8:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ