ここから本文です

「東京医科大のあからさまな差別にがく然」元受験生の女性33人が提訴

3/22(金) 15:48配信

弁護士ドットコム

東京医科大が過去の医学科入試で、女性と多浪の受験生を不利に扱う入試不正をしていた問題で、元受験生ら33人は3月22日、東京医大に約1億3000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

●「同じような事件の再発を防ぎたい」

訴状などによると、原告は2006年度と2011~2018年度の入試を受けた33人(20代が中心)。全員が女性で、現在も浪人を続ける受験生や進学を諦めて他学部に入った学生、他大学の医学生、現役医師、他の職務についている社会人となっている。

入試は得点状況に応じて公平に評価されるものと信じていたのに、不公平な入試を受けさせられたことへの慰謝料として、1年度あたり200万円の慰謝料を要求。さらに原告が納付した受験料や、受験に際し支出した交通費や宿泊費に相当する額を支払うよう求めている。

具体的には、元受験生1人あたり200万円~1400万円程度の賠償を要求しているという。

提訴後に東京・霞が関の司法記者クラブで開いた会見で、弁護団の共同代表である角田由紀子弁護士は「被害者への迅速で適切な救済を求め、同じような事件の再発を防ぎたい。東京医大は、自分たちがやったことをはっきりと女性差別だと認めてほしい」と語った。

同様に入試不正が判明した他大学への訴訟提起も、検討しているという。

●「どれだけ浅はかで信頼を失う行為か」

会見には原告のひとりである20代女性も同席。3年度にわたり受験し続けたという女性は「東京医大のあからさまな差別を知り、がく然とした。女性を不利に扱っておきながら男性と同じ受験料なのは、詐欺と言っても過言ではない」と述べた。

また入学がかなわず、他の私立大医学部に通っているという原告によるメッセージも代読された。「どれだけ浅はかで信頼を失う行為か、東京医大は改めて謝罪すべき」とした。

●東京医大「コメント控える」

東京医大の広報担当者は取材に対し、「現時点では訴状を見ていないのでコメントを差し控える」と話した。

弁護士ドットコムニュース編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事