ここから本文です

子連れ時も迷わない 食べ放題のマナー

3/22(金) 8:10配信

Hint-Pot

朝食バイキング人気ホテルの社員が伝授 スマートに食べる“攻略法”

 自由スタイルだからこそ、「品格の差」が出る食事といえば、ビュッフェともいわれるバイキング。みなさんは、マナーについて気にしたことはありますか? 素朴な疑問はあるけれど、今さら聞けないバイキングのマナー。そこで「朝食のおいしいホテルランキング」で常に上位にランクインする鹿児島市の名門ホテル「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」(城山ホテル鹿児島)の「ガーデンレストランホルト」の下尾翼紗(つばさ)さんにお話を聞きました。下尾さんは、人気朝食バイキングの会場を仕切る敏腕店長。もちろん、食事は楽しくおいしくが前提ですが、知っておくと、よりスマートに料理を堪能できるヒントを教えていただきました。

同皿 大盛り 食べ残し ついやっていませんか? 3つのNGスタイル

――お皿からこぼれそうなくらい一度に盛れるだけ盛ったり、料理を食べ残したりすることも。食べ放題で自由なのかもしれませんが、エチケットとしていかがでしょうか?
「ビュッフェスタイルとは、お料理が並べられたビュッフェテーブルに自由に移動して自らが食べる分だけお皿に取り分けて食べるスタイルです。人によって適量に個人差がありますが、お皿にたくさん盛ってしまうと、欲張りに見える印象があります。楽しく召し上がっていただくのが一番ですが、食べ放題だからと料理をたくさん取りすぎて、食べきれずに残してしまうのはマナー違反と言えるでしょう」

――何度も席を立って取りに行って良いものなのでしょうか? 再度取りに行くときには食べ終わったお皿を使ったほうが良いですか?
「もちろん食べ放題なので、何度も席を立って取りに行くことは問題ございません。小まめに取りに行ったほうが温かい料理などは冷めずにおいしくいただけます。また食べ終わったお皿を、次に取りに行く時にも使われる方がいらっしゃるのですが、ホテルバイキングでは遠慮なく新しいお皿と交換して下さい。同じお皿を使い続けますと、前のお料理のソースなどが残っていて、お料理の味が変わってしまいます。食べ終わったお皿は近くのスタッフに下げてもらうようにお声がけされると良いでしょう」

――取る順番はありますか?
「特に決まりはなく、好きなものを好きな順で構わないのですが、おいしい温度でお料理を召し上がっていただきたいという思いはあります。場所によっては、冷たい料理から温かい料理と順に並んでいます。たとえば冷たいお料理の後に、温かいお料理を取りに行っていただけると、温かいお料理が冷めずにおいしくいただけます。冷たいものと熱いものを同じお皿に盛り付けるよりも、それぞれ別のお皿でいただくことをお勧めします」

1/2ページ

最終更新:3/24(日) 15:54
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事