ここから本文です

三菱eKが画像公開。注目はデリカのデカ顔を軽でも再現した新種のeKクロス

3/22(金) 11:05配信

carview!

デリカに続くデカ顔第2弾のクロスに注目

3月14日、フルモデルチェンジする三菱の軽自動車「eKワゴン」の公式情報第1弾が発表されました。今回は「eK ワゴン」に加えて、SUVテイストの「eK クロス」もラインアップ。詳細がわかるのは発売日の3月28日ですが、予約受注は3月14日から始まります。

>>三菱 eK フォト集<<

とにかく目立ってるのがeK クロス。縦に積まれた4段のヘッドライトと、その上の(一見するとこっちがヘッドライト風の)デイタイムライト、さらにはシェーバー風のハニカムグリルで、一足先に登場した「デリカ D:5」に共通する“デカ顔”を構成しています。軽自動車では定番のクール&シャープ系な“カスタム顔”とは一線を画すというか、好みは分かれそうなものの、三菱のデザイン陣はデカ顔を使いこなしているのかも。

eKクロスは他にもルーフがツートーンだったり、アンダーグリルにプロテクター風のシルバーパーツが貼られたり(質感が微妙な気もしますが)、ホイールハウスが樹脂で縁取りされたりとトピックがちらほら。一方、標準モデルのeKワゴンはクセのないデザインです。

ハイブリッドや本格的なアダプティブクルコンを搭載か

eKクロスはハイブリッドシステムも新採用。また、軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」には、車線中央維持機能なども併せ持った高機能アダプティブクルーズコントロールが期待できそうですね。

先代eKワゴンと同様に、今回も日産との合弁会社NMKVが企画&開発を担当。プラットフォームもエンジンもCVTトランスミッションもすべて刷新された、気合の入った商品となっているようです。詳細が発表される28日に引き続き注目しましょう。

最終更新:3/22(金) 11:05
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事