ここから本文です

じわり拡大「旅行キャンセル保険」 別途保険料が必要でも、顧客満足度アップのワケ

3/22(金) 16:10配信

乗りものニュース

高速バスの当日キャンセル料も全額補償

 急な事情で予定した旅行をキャンセルする場合、ホテルや旅行会社、交通事業者から規定のキャンセル料を請求されることがあります。たとえば宿泊日の7日前から4日前なら宿泊料金の20%、1日前なら80%、当日あるいは無連絡キャンセルであれば100%といった具合です。

【表】ハネムーンのキャンセルも補償! H.I.Sの保険商品

 こうしたキャンセル料の発生に対し、事前に保険料を支払うことで補償するという仕組みの保険商品が登場しています。たとえば2019年2月には、旅行大手のエイチ・アイ・エスが、三井住友海上と共同で開発した「H.I.S.キャンセルサポート」の販売を開始。3月12日(火)には高速バスを運行する杉崎観光バスが、ヨーロッパの保険会社アリアンツのグループ企業が提供する「チケットガード保険」の取り扱いを開始しました。いずれも旅行業界、乗合バス業界では初の導入だといいます。

 杉崎観光バスの高速バスは乗車前に運賃の決済が必要ですが、高速バスの乗車予約とともに「チケットガード保険」に加入すれば、たとえば運賃1万円の1乗車につき、保険料940円で、キャンセル時に1万円全額が補償されるとのこと(運賃により保険料は異なる)。アリアンツグループのAWPジャパン(東京都品川区)に詳しく話を聞きました。

――どのような保険なのでしょうか?

「チケットガード保険」という名のとおり、乗車券など「チケット」にかける保険です。杉崎観光バス様の事例では、本人やその家族の入院・通院、あるいは死亡、乗車当日における交通機関の運休・遅延(2時間以上)、急な宿泊出張などで乗車できなかった場合、また同行者がこれらの理由で乗車できず、本人も行かなかった場合に、キャンセル料を補償します。

 当日行けないとわかった段階で当社にご連絡いただき、補償を申請していただいたうえで、当社から保険金という形でキャンセル料相当額をお支払いします。ただ、杉崎観光バス様では従来から、乗車当日のキャンセルでも運賃の50%払い戻しが可能です(無連絡キャンセルの場合は払い戻しなし)。保険に加入していれば、その残り50%も保険金でお支払いするほか、同社へキャンセルの連絡をしなかった場合も、当社への申請で100%補償します。

1/3ページ

最終更新:3/22(金) 19:24
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事