ここから本文です

レアル・マドリーがベイルとポグバのトレードを望む

3/22(金) 8:52配信

SPORT.es

レアル・マドリーのサポーターたちはすでにベイルを見放している。ベイルの態度の悪さとここ数か月の不調により、マドリーはベイルを今夏放出し、代わりの選手を探している。

レアルの大型補強候補の一人ポグバ「夢のクラブだ」

有力候補の一人がマンチェスター・ユナイテッド所属のポール・ポグバである。

会長フロレンティーノ・ペレスに気に入られていたベイルであるが、今シーズンもまたサポーターに失望を与える結果となった。

ベイルを支えるのは加入初年度のコパ決勝のバルサ戦や欧州CL決勝アトレティコ戦、昨年のリヴァプール戦での伝説的ゴールの記憶だけである。

一方でポグバの獲得はマドリーにとってテンションが上がるニュースとなるだろう。同じくフランス出身の監督ジダンはポグバを欲しがっている。

また、ポグバ自身も先日記者会見で「レアル・マドリーはすべてのサッカー選手にとっての夢だ。ジダンがいるならなおさらだ」とマドリーへの関心を露わにしている。

一方、ユナイテッドは常にベイルに関心を払っている。しかもプレミアリーグはベイルのスタイルにぴったりとはまっている。今夏の移籍市場でユナイテッドはベイル獲得に動くことだろう。

2013年、レアル・マドリーは約1億ユーロ(約126億円)でベイルを獲得した。一方でユナイテッドは2016年にポグバを1億2,000万ユーロ(約150億円)で獲得している。

しかし両クラブが選手をトレードすることは容易ではないだろう。ポグバの代理人ミノ・ライオラはマドリー会長フロレンティーノ・ペレスから信頼されていない。両者は現在冷戦状態であり、そのことがポグバのマドリー移籍にブレーキをかけるかもしれない。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:3/22(金) 13:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事