ここから本文です

NGT48暴行事件 第三者委報告を説明(全文2)山口さんは報告書の中身に不満

3/22(金) 18:52配信

THE PAGE

 新潟市を拠点とするアイドルグループ、NGT48の山口真帆さんへの暴行事件で、NGT48を運営するAKSは22日午後、会見を開き、第三者委員会の調査報告書について説明した。

【動画】NGT48山口真帆さん暴行事件 第三者委の調査報告書を説明

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【動画】NGT48山口真帆さん暴行事件 第三者委の調査報告書を説明」に対応しております。

     ◇     ◇

複数メンバーが被疑者らと接触していたことは認識していたのか

新潟日報:新潟日報の【ヤマザキ 00:22:59】と申します。何点かお伺いいたします。今回の私的な領域でのつながりという、いわゆるつながりという部分なんですけれども、報告書の中に複数のメンバーが被疑者らのメンバーと私的領域で接触していたこともうかがわれるという文言ありますけれども、これについてはAKSさんとしては認識はされていたんでしょうか。

松村:うかがわれるということであって断定的なことではまずございません。それとやはり先ほどから申し上げていますように、やはりコミュニケーションの不足で、要は命令・指揮系統ですね。例えばメンバーがマネージャーに伝えたのがそこで仮に止まっているというようなことだったり、あるいは本社、AKSのほうに、私のところにそういう報告が上がっていなかったりというようなことがあったというふうには認識しております。

新潟日報:組織運営上の問題というところで言うと、ほかのAKBグループも同じような組織運営上の問題があるということでしょうか。

松村:はい。それはもう徹底して改善していくように考えております。

新潟日報:今回メンバーとかスタッフに関しては責任不問にするということでありますけど、処分不問にするということでありますけれども、今前に座っているお3方も含めて一切処分は行わないということでしょうか。

松村:処分といいますか、私はこの運営の全責任者ということで今こちらの席に座らせていただいております。係る事態が発生したということで、私のおよそ30%の減給を無期限でさせていただいております。

新潟日報:30%の無期限の減給というのが処分ということになりますか。

松村:全責任者として私の対応ということでご理解いただければと思います。

新潟日報:今回、新潟の地域性ということで、先ほどちょっとお話ありましたけれども、報告書の中にもかなり分量を割かれて書かれていますけれども、そもそも新潟に進出したときの目的だとか、そのときの目的、あるいは新潟も当然調査されていると思いますけれども、ギャップというものがあったりということを感じられていますでしょうか。

松村:そういうことは一切ございません。私どもが第5番目のグループとして新潟を私どもで選ばせていただきましたし、それを新潟の県民の皆さま、それからメディアの皆さま、そして地場のクライアントの皆さまも大変歓迎もしていただきましたし、ここまで本当にご支援をいただきましたので、われわれとしてはそういう思いを裏切るような、失望させるような結果になってしまったことを大変申し訳なく感じておりますし、今ご指摘のような考えというのは一切ございません。

新潟日報:今回この件を受けまして、山口さんに対する精神的なケアだとか、そういったところに関してはどういったことを行われておりますでしょうか。

松村:これはもう本当に繰り返しになって恐縮なんですが、やはり山口以外にもメンバーとのコミュニケーションというのをしっかりと向き合ってやっていかなければいけないですし、引き続きそれは行っていこうというふうには考えております。

新潟日報:ありがとうございます。

松村:ありがとうございました。

司会:そのほかいかがでしょうか。

松村:あ、どうぞ。マイクを。

1/5ページ

最終更新:3/22(金) 20:31
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事