ここから本文です

10代シンガー・nonocがアニメ『魔法少女特殊戦あすか』のOPテーマ「KODO」を歌う「ジャケットは花に操られているイメージ」【インタビュー後編】

3/22(金) 19:30配信

超!アニメディア

メガミマガジンにおいて、アニメやゲームの主題歌、テーマソングなどを歌うアーティストに楽曲について語ってもらうインタビュー企画「Megami’sVoice」。2019年4月号には、『魔法少女特殊戦あすか』のOP「KODO」を歌うnonocが登場。「超!アニメディア」では、本誌では紹介しきれなかった部分も含めたロングインタビューをお届け。今回は後編をご紹介。

――実際にアニメのオンエアを見た感想は?

 やっぱりドキドキしました。でも、映像もすごくかっこよく、何より聞いてくださった方が好意的に受け止めてくださっていて。私をご存知ない方が多いと思うんですが、「歌がいい」と言っていただけてうれしかったです。やっぱり作詞の川田(まみ)さんと作曲・中沢(伴行)さんといえば、アニメファンのみなさんはご存知の方も多いので、そのお力がとても強かったんだなと思います。

――nonocさんの歌声も、とても素敵でしたよ。

 ありがとうございます。でも私、声にコンプレックスがあったんです。ちょっと高めの声質なこともあって、雑踏だと紛れてしまうんですね。だから芯のない声なんだなと思っていて。それをみなさんから褒めていただけたのが、本当にうれしくて。練習をたくさんして、力強い歌も届けられるようになってよかったなと思っています。

――自分のお気に入りポイントは?

 疾走感のあるサビは、生きることについて考えさせられる歌詞だなとも思いました。それから、「鳴り響くの」というワードが2回出てくるのですが、テレビサイズでは聞けないラスト部分の「響くの」の「の」が好きで(笑)。テレビサイズとどう変えて歌っているのかをチェックしてほしいです。

――「KODO」ではミュージックビオで(MV)も撮影されています。

 今回、自分が見てきたMVの監督をたくさん担当していた篠田利隆さんが監督ということで、ドキドキもありましたが、すごく楽しく撮影ができました。同じフレーズを、いくつもパターンを変えて撮影したので、場面の切り替えや背景など、細かい部分にも注目していただきたいです。

――カップリングの「Lucid Dream」の歌詞は、fumio yasudaさんとの共作です。

 ベースは私が書かせていただいているのですが、作詞経験も多いわけではないので、yasudaさんに相談させていただきながら作りました。

 じつは、最初のコンセプトを決めるのに、まず時間がかかって。テーマをどうしようかと頭を悩ませた結果、曲から想像してめまぐるしさや中二病的な感じをイメージし、ゲームやアニメの世界のような音楽を作れたらと思いました。それから、作詞をしていたとき、ちょうど『STEINS;GATE』にハマっていたんですね。その影響もあり、夢だとわかっているのにさめない、運命が変えられないなかでもがいている人の歌にしようと考え、「明晰夢」という意味のある「Lucid Dream」をタイトルにしたんです。歌詞には、今の自分の悩みを入れこんだりして、試行錯誤した結果、自分でもかっこいい歌詞が書けたと思っています。でも、まだまだ作詞は勉強中です。

――「Lucid Dream」のレコーディングはどうでしたか?

 この曲は、ほぼセルフディレクションで、歌っては聞き、聞いては歌い……という感じで進めていきました。とにかくワード数が多いので、イメージがごちゃごちゃしすぎないように、歌うときも言葉が流れすぎてしまわないように、はっきり歌うことを心がけました。動けない自分に対して、もうひとりの自分が命令をするようなワードをサビで歌っているので、そこはあえて感情を露わにしてみたり、ダメ人間で終わるのではなく、とにかく立ち上がるべきだという思いを込めてみたりしたのがポイントです。

――ジャケットは、花があるのにダークな雰囲気ですよね。

 撮影のときは、お花があまりにもかわいくて、自撮りをしまくるほどテンションが上がっていました(笑)。そのときは、「お花がかわいい」くらいだったのが、実際に完成したジャケットを見ると、すごくアーティスティックで素敵に仕上げていただけたなと。花に操られているというか、花に寄生されている人みたいなイメージですね。ツノは、現実にいそうでいないような雰囲気を出したくて、ずっと付けています。

――すでにリリース記念のイベントも開催されています。

 直接お客さんと触れあう機会は初めてなので、かなりドキドキです。でも、来てくださった方を公開させたくないので、とにかくいいイベントにしたいですね。来てよかったと思っていただけるようにがんばりますので、ぜひ会いにきてください。

――今後の活動も楽しみです。

「KODO」も「Lucid Dream」も、これから大切に歌っていきたい歌です。いろいろな場所で、いろいろな方に聞いていただけたらと思っていますし、これからもっともっとたくさんの作品を届けたいので、ぜひ応援よろしくお願いします。

(プロフィール)
ののっく/7月12日生まれ。北海道出身。オフィスキュー所属。2018年にOVA『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』のイメージソング&EDでメジャーデビュー。個人名義でのCDリリースは「KODO」が初となる。

『KODO』
KADOKAWA 発売中 1296円(税込)

野下奈生

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事