ここから本文です

室蘭の中小金型メーカー、「MRJ」に採用された精密加工の源泉とは?

3/22(金) 12:33配信

ニュースイッチ

永澤機械、「道具と人がそろっているから」

 永沢機械(北海道室蘭市)は、三菱航空機(愛知県豊山町)の国産小型ジェット旅客機「MRJ」の部品を初めて受注し、2月中旬に納品した。新事業として航空機部品に力を入れており、今後に弾みが付きそうだ。

 航空機部品の受注に取り組む中小企業ネットワーク「ジャパン・エアロ・ネットワーク(JAN)」を通じて仕事を確保した。生産したのは飛行機の離着陸時の制御で用いるアルミニウム合金製の部品。長さ90センチ×直径15センチメートルの大きさで、内部に直径8センチメートルの円筒を切削して作った。

 こうしたモノづくりを行える背景として、永澤優社長は「道具と人がそろっているから」と指摘する。万能研削盤をはじめとする機械装置により精密加工を実現できる。さらに5-6人の70歳前後のベテラン職人は全員1級の技術士の資格を保有する。

 同社は産業機械・自動車向け部品が主力。航空機部品は1度受注できれば長期的な取引を期待できる。永沢社長は「本業をしっかりやりながら焦らずに取り組む」と長期戦の構えをみせている。

最終更新:3/22(金) 12:33
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事