ここから本文です

藤巻亮太、レミオロメン時代に「ズタボロに疲れていた」 自分を変えてくれた出会いは

3/22(金) 17:01配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。当番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語ります。3月は藤巻亮太さんが登場。3月15日(金)のオンエアでは、登山家・野口健さんとの出会いを語りました。

藤巻亮太、暗闇のなかで…38歳の心境を語る「あの頃に戻りたいとは思わない」

登山家・野口健との出会い

藤巻さんは、「20代を振り返ると、最初は勢いもあるし、若さでガンガン突っ走れた」と言います。

藤巻:25歳で『粉雪』をリリースしたんですけど、結成してからすごい勢いで『粉雪』までいくんです。その後、同じ勢いでいけたかというといけなくて、目に見えない心の疲れとか、いろいろなものが溜まってきていました。でも、勢いが止まるのを認めることが怖いし、自分が変わってきていることが認められないんですよね。

疲れに蓋をして20代後半を走り、30歳を前に「よくわからない悩みに陥る時期」があったと藤巻さん。そんなときに出会ったのが、登山家の野口健さんでした。藤巻さんが以前から会いたいと言っていたこともあり、雑誌の対談でふたりの出会いが実現。

藤巻:「ありがとうございました」って終わるかと思ったら、そこからご縁をいただいて、仲良くしていただいています。野口さんと出会ったことが、ソロ活動を含めて、かなり大きな影響を与えてくださっているんです。八ヶ岳(山梨・長野の県境)に連れて行ってもらって、その登山が楽しかったです。僕は体力があったので、「こいつはできる」と思ってもらえたのか、「次はヒマラヤにしよう」と言われました。エベレストが見えるカラパタール(ネパール)という山があって、「そこに行ってみないか」と言われて、自信もなかったんですけど、直感で「疲れているからちょっと……」って言っちゃいけない気がしたんです。「行きます」と言わなきゃいけないんだって。

ヒマラヤ登山をきっかけに…

レミオロメンでの慌ただしい活動でボロボロになっていた体ですが、登山のおかげで健康を取り戻したと藤巻さん。

藤巻:ちょうど2010~2011年をまたぐタイミング。レミオロメンのクリスマスライブが終わった次の日からヒマラヤに行くんですけど、自分的にはズタボロに疲れていたときで、体もボロボロで肌もガサガサ。「このままでは登れないんじゃないかな」という状態でヒマラヤに行きました。カトマンズというネパールの首都から、ルクラというところに飛んで、トレッキングがスタートするんですけど、自然がすごいんですよ。

セスナでルクラに着陸すると、すでに2700メートルほどの高さ。そこからさらに、1日500メートルほど標高を上げて進んでいったと振り返ります。

藤巻:最初は村があるんですけど、森林限界(木々が育たない環境の境目)があって、それを越えて植物もなくなって、最後は岩と雪と空しかなくなって、「どこにいるんだろう」みたいな。空も宇宙に近い青さというか、六本木の空とは違う。すごいところにいるなと思いました。1日7~8時間歩いて、10日間ほど。めっちゃ健康になりますよ。なにが健康になるって、心が健康になるんです。

ヒマラヤ登山では、発見も多かったと振り返ります。

藤巻:どこかで「自分はまだ若い」と思ったり、勢いが大事と思っていたり、レミオロメン『粉雪』があったり、自分の「レミオロメンらしさ」とか「こうじゃなきゃいけない」とか「こういうのを作るべき」とか、自分の思い込みですよね。自分を縛っている縄、けっきょくそれに苦しんでいるんです。それがすごく見えてくるんですよ。何をしていいかわからないけど、このままじゃいけないと思いました。思い込みから一度離れないといけない。ヒマラヤ登山はソロ活動をするきっかけをくれたような気がします。

その後、藤巻さんは野口さんと年1~2回ほど世界の秘境を旅したり、ヒマラヤにも3回行きました。番組後半では、ソロ活動時代を振り返り、楽曲『マスターキー』を紹介しました。

次回3月22日(金)のオンエアでは、藤巻さんが旅先での音楽体験や禅の世界との出会いについて語ります。お聴き逃しなく。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

最終更新:3/22(金) 17:01
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事