ここから本文です

ソニーと任天堂が揃って大幅下落! 日経平均株価は小反発

3/22(金) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は小反発、FOMCを控え狭いレンジ内の値動き

2019年3月20日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 21,608円(+42円、+0.2%) 小反発
 ・TOPIX 1,614.3(+4.1、+0.3%) 反発
 ・東証マザーズ株価指数 942.1(+4.5、+0.5%) 反発
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,371、値下がり銘柄数:676、変わらず:91
 ・値上がり業種数:22、値下がり業種数:11
 ・昨年来高値更新銘柄数:11、昨年来安値更新銘柄数:23
東証1部の出来高は11億4,516万株、売買代金は2兆863億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。特段目立ったニュースがないことに加え、今週予定されているFOMCの結果を見極めたいという思惑が重なり、盛り上がりに欠けた薄商いとなりました。売買代金は3日ぶりに2兆円台を回復しましたが、低水準であることに変わりはありません。

そのような中、日経平均株価は方向感の乏しい値動きとなりました。前場の半ばに一時▲67円安となりましたが、プラス圏に浮上した後場は大引け前に一時+47円高まで切り返す場面も見られました。結局、終値で再び21,600円台に乗せる小反発で引けましたが、1日の値幅(高値と安値の差)は約114円とやや狭いレンジに止まっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで反発となりました。

東証マザーズ株価指数は反発、売買代金は31日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,479万株、売買代金1,447億円となりました。出来高は前日より減りましたが、売買代金は増加しています。出来高は7日ぶりに1億株を下回ったものの、売買代金は31日連続で1,000億円超になるなど、個人投資家の物色意欲はまだ続いていると考えられます。

また、株価指数は堅調に推移して反発となりました。このまま900ポイントを固めて、950ポイントを目指しに行くのか注目されましょう。

ゲーム関連株が下落する中でソニーと任天堂が大幅安、住友不動産は6日連続の高値更新

個別銘柄では、ファーストリテイリング <9983> が堅調に推移し、住友不動産 <8830> が6日連続で昨年来高値を更新しました。また、楽天 <4755> が値を上げて株価1,000円台を固めつつあります。

その他では、キーエンス <6861> や日立建機 <6305> などFA関連や建機株の一角が大幅高となり、前日に暴落したZOZO <3092> も小幅反発で引けたのが目を引きました。

一方、米国グーグル社のゲーム配信サービス開始の発表を受け、日本のゲーム関連株が総じて売られ、とりわけ、ソニー <6758> は一時▲4%超安、任天堂 <7974> が一時▲5%安に迫る大幅下落となりました。

また、コンビニ株への売りも続いており、ローソン <2651> が取引時間中に連日の昨年来安値更新となり、ミニストップ <9946> も再び安値更新となっています。

その他では、自動車株でスズキ <7269> が連日で昨年来安値更新となり、野村ホールディングス <8604> など証券株も値を下げました。

新興市場(東証マザーズ)では、窪田製薬ホールディングス <4596> が値を飛ばして3日連続のストップ高となり、そーせいグループ <4565> も爆騰して一時ストップ高まで買われるなど、医療バイオ関連株が物色されました。また、EduLab <4427> も値を上げて高値更新となっています。

葛西 裕一

最終更新:3/22(金) 7:20
LIMO

チャート

ファーストリテイリング9983
65880円、前日比-650円 - 6/25(火) 10:18

チャート

住友不動産8830
3930円、前日比-45円 - 6/25(火) 10:18

チャート

楽天4755
1285円、前日比-8円 - 6/25(火) 10:18

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事