ここから本文です

エイリアンから仲間を守る指揮型サバイバル『Alien: Blackout』が600円→360円、人間を天界の戦士にスカウトする『ヴァルキリープロファイル』も2200円→1080円【スマホゲームアプリ セール情報】

3/22(金) 13:53配信

電ファミニコゲーマー

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

■注目情報

▶ 恐怖のエイリアンをセンサーで索敵、仲間に退避指示を出す『Alien: Blackout』がセール。

▶ コーエーテクモの歴史シミュレーション『大航海時代IV』、『三國志2』と『三國志V』、『信長の野望 風雲録』と『信長の野望 全国版』がセール。

▶ 『レイトン』新シリーズ『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』が約半額に。

文/カムライターオ

■新着セールアプリ

『Alien: Blackout』
iOS 600円 → 360円、Android 600円 → 330円
3/22 追加

 エイリアンの恐怖を独特のシステムで描いたサバイバルホラー。
 宇宙ステーションにやってきた隊員を監視カメラで確認しつつ、ドアの開閉や行動の指示で誘導し、エイリアンに襲われないようにする。
 主人公自身は動き回ることはなく、索敵と指揮に専念するのが特徴。日本語に対応済み。

『ヴァルキリープロファイル』
iOS 2200円 → 1080円、Android 2200円 → 1080円
3/22 追加

 北欧神話のヴァルキリーとなり、最終戦争ラグナロクに備え、死に瀕した人間の勇者を天界の戦士にスカウトして回る、旧エニックスの有名タイトルの移植版。
 取っ付き辛いゲームなのは否めないが、コアなファンが多い人気作。配信一周年記念セールの模様。

■セール継続中のアプリ

『大航海時代IV』
iOS 1900円 → 1400円、Android 1900円 → 1400円
3/20 追加

 16世紀の「大航海時代」を舞台に、艦隊を率いて交易を行い、時に海戦を繰り広げる、コーエーテクモの海洋冒険シミュレーション。ニンテンドーDS版の移植。
 従来の大航海時代より後の時代で、探険よりも各海域での勢力争いが中心となっている。
 システムが簡略化されており、“『大航海時代II』の縮小版”といった印象。ソーシャルゲームではない。

『三國志Ⅴ』
iOS 1900円 → 1400円、Android 1900円 → 1400円
3/20 追加

 コーエーテクモの初期の『三國志』の完成形といえる、本家歴史シミュレーションシリーズの5作目。
 ニンテンドー3DS版の移植で、内政が簡略化されていてサクサク進められる。
 2013年のソフトの移植なのでグラフィックも見劣りせず、火計や計略が飛び交う合戦も健在。
 民忠を上げるために武将が街の見回りに出かける「巡察」がユニーク。

『三國志2』
iOS 1400円 → 840円、Android 1400円 → 840円
3/20 追加

 シリーズの中でも名作と名高い、コーエーの三國志シリーズの2作目。
 計略や火計、一騎打ちなど、その後の三國志の基本システムが形作られた作品。
 2010年に発売された古いアプリだが、最新iOSには対応している。

『信長の野望・武将風雲録』
iOS 1900円 → 1400円、Android 1900円 → 1400円
3/20 追加

 『全国版』から数えて3作目、『信長の野望』シリーズで最も支持されている作品のリメイク版。
 コマンドで数値を上げていく内政、ターン制の合戦など、昔ながらの『信長の野望』のシステム。
 ニンテンドーDSで発売されていたものをベースにしており、いくつかの新仕様が加えられている。

『信長の野望・全国版』
iOS 1300円 → 720円、Android 1300円 → 720円
3/20 追加

 シミュレーションゲームの金字塔『信長の野望・全国版』の復刻アプリ。
 インターフェイスや戦場マップはスマホ用に改修されている。
 武将がおらず、弱い大名なら暗殺でラクに殺せるなど、今見るとおかしな点もあるが、数値上げの開発ゲームと本格歴史SLGの原点。

『SteamWorld Heist』
iOS 1200円 → 600円
3/6 終了、3/22 再追加

 真横視点で銃撃戦が楽しめる、ターン制シミュレーションRPG。ロボットの宇宙西部劇。
 細密なグラフィックと、障害物に身を隠しながら跳弾で敵を狙う、ユニークなシステムを持つ。
 古い西部劇映画のような演出と、雰囲気の良いBGMも長所。Steam 版からの移植。

『Bloons Supermonkey 2』
iOS 120円 → 無料、Android 120円 → 無料
3/11 追加

 『Bloons TD』をベースにした縦スクロールシューティング。
 大量に出てくる風船を割りまくり、アイテムを回収しまくる、圧倒的爽快感のゲーム。
 自機がやられないためゲーム性は低いが、爽快さが突き抜けていて、やっていて楽しい。

『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』
iOS 1900円 → 960円、Android 1900円 → 960円
3/5~4/2

 完結したひらめきナゾ解きアドベンチャー『レイトン』シリーズが、その娘を主人公として復活。
 往年の『頭の体操』的なひらめき問題やパズル問題が多数登場する。
 風変わりな探偵ストーリーが展開されるが、推理モノというわけではないので悪しからず。
 2018年9月に大型アップデートが行われ、ナゾがバージョンアップされた「DXモード」で遊べるようになり、衣装も多数追加された。
 今回のセールはテレビアニメ『レイトン ミステリー探偵社』にレイトン教授が再び登場する記念。
 なお、アニメは2019年3月いっぱいで完結する模様。

『囚われのパルマ Refrain』
iOS 360円 → 120円、Android 360円 → 120円
2/28~3/25

 カプコンの乙女ゲー(女性向け恋愛ゲーム)。
 とある事件に関わって監禁されているイケメンを、カメラで監視したり面会したりなどして探り、謎の真相に近づいて…… と言うか、彼の気持ちに近づいていくサスペンスアドベンチャー。
 セールされているのはプロローグと第1章のみ。第2章から第8章、及び追加エピソードは各360円で購入する必要がある。

■最近セールが終了したアプリ

『Evoland 2』
iOS 840円 → 120円、Android 920円 → 130円
3/6~3/22 終了

 過去がファミコン、現在がスーファミ、未来が3Dで表現された、さまざまな時代のゲームを再現したアクションRPG。
 パロディー満載のごった煮的な内容である一方、長編ストーリーが加わり、本格的なRPGに仕上がっている。
 ミニゲームの操作性に問題があったが、アップデートで改善された。

『This War of Mine』
iOS 1800円 → 360円、Android 1600円 → 350円、Steam 1980円 → 495円
3/11~3/14 終了

 戦渦に巻き込まれた民間人となり、飢えと寒さ、激化する戦闘と崩壊した治安という絶望的な状況の中で、仲間とともに生き残る方法を模索するサバイバル生活シミュレーション。
 数々の表彰を受けた作品で、新機種対応のアップデートも継続して行われている。

『Severed』
iOS 840円 → 120円
3/11~3/14 終了

 片腕の女剣士が敵の腕を切り落とす、スラッシュ剣撃アクションの3DダンジョンRPG。
 PS Vitaからの移植で、ダークな世界観ながら驚くほど遊びやすい、丁寧に作られた模範的作品。
 欧米各国のAppleが2016年度のベストiPadゲームに選出していた。
 ニンテンドー3DS版もある。

電ファミニコゲーマー:カムライターオ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ