ここから本文です

1時間で完売!伊江島「イエーイポテト」 小学生が収穫

3/22(金) 8:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県伊江村の伊江小学校(比嘉悟校長)5年生が15日、AコープJAゆいランド店の駐車場で全校児童が収穫したジャガイモを販売した。ポテトの名前は「イエーイポテト」。1キロ200円、袋詰め放題を500円で販売。夕方の混み合う時間帯で約250キロが1時間ほどで完売した。

 児童らは手作りのポスターを掲げ、ユニークなダンスでお客さんの呼び込みにも挑戦。購入した30代の女性は「夕食でジャーマンポテトや、みそ炒めにして食べます」と話した。

 担任の高良美奈子教諭は「自分たちで植え付け、収穫したジャガイモを販売することで、商売の流れを学んでほしかった。自発的に呼び込みをするなど、積極的な面も出て大変いい経験になった」と子どもたちの頑張りに目を細めた。 初めて販売を経験したという内間裕飛さんは「売れないかもしれないと心配していたけど、完売できて良かった。機会があればまたやってみたい」と話した。売り上げは「伊江っ子基金」に積み立て、児童の活動費として活用する。(儀間徹矢通信員)

最終更新:3/22(金) 8:40
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事