ここから本文です

民泊にシーツ配達好調 リネンサプライのマツモト

3/22(金) 1:38配信

北國新聞社

 洗濯した布団カバーやシーツを供給するリネンサプライ業を展開するマツモト(富山市)が民泊・ゲストハウス事業者向けのサービスを展開し、顧客を増やしている。同社によると、北陸では珍しいサービスで、昨年5月の開始から契約先が30件に伸びたという。

 同社は企業宿直室向けのリネンサプライ業を主力とする。新事業の民泊・ゲストハウス向けは口コミで利用が増え、契約先は富山、金沢市や岐阜県高山地区などに広がった。4月に飛騨地区に営業所を開設する。

 富山市ではベッドメーキングや室内の清掃代行も手掛ける。同社は昭和30年代の黒部川第4発電所(黒四ダム)建設時の寝具レンタルで成長した。小ロットのリネンサプライは配送コストがかさむため同業他社の参入が少ないと見込み、高島理常務は「民泊などの運営を総合的にサポートしたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:3/22(金) 1:38
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事