ここから本文です

日本信号、ミャンマーの2路線改修事業で信号システムを受注

3/22(金) 14:41配信

鉄道コム

 日本信号は22日、ミャンマーの「ヤンゴン環状鉄道改修事業」と「ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業」のCP101工区において、信号システムの改修事業を受注したと発表した。
 ヤンゴン環状鉄道は、ヤンゴン市内を走る総延長約46キロ、駅数38駅の路線。ヤンゴン・マンダレー鉄道は、ヤンゴンとマンダレーを結ぶ全長約620キロの路線。両線とも設備や車両の老朽化が進んでおり、列車運行速度の低下や遅延、脱線事故が頻発している。
 2つの事業は、両線の輸送サービス機能向上を目的としたもので、日本国政府開発援助事業として進める。日本信号は両事業において、電子連動装置などの信号システムを納入する。
 日本信号は、同社が培ってきた鉄道信号技術を活かし、ミャンマーの快適で安全な街づくりに貢献していくとしている。

最終更新:3/25(月) 10:40
鉄道コム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事