ここから本文です

ワールドグランプリで初の決勝進出に挑むブラサカ日本代表・川村からのお願い「最高のニッポンコールをください」

3/22(金) 12:42配信

ゲキサカ

2020年の東京五輪にむけた「プレ・パラリンピック」と位置づけられる「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」は21日、グループリーグの3試合目が行われ、A組の日本代表は世界ランク4位のスペイン代表を1-0で下した。対スペイン戦勝利は2007年8月以来、約12年ぶり。23日の準決勝の相手は、昨年のこの大会で勝っているイングランド代表に決まった。
 
 A組1位通過を手繰り寄せたのはやはり川村怜だった。前日20日のコロンビア戦で2ゴールをあげ、スペインのマークも厳しくなったため、前半から川村は十分な間合いを与えてもらえなかったが、ほんのわずかなスキを逃さなかった。後半9分、自陣の右サイドから駆け上がり、得意のターンで中央に切り込むと相手の2人のマーカーを置きざりにする。追いすがった189cmのイヴァ・ロペスに引っ張られ、バランスを崩しながらも左足を振り切った。尻もちをつき、ゴールとは反対方向にを体を向けられてしまっても、ボールは鋭くネットを揺らした。

 「いやあ、本当にうれしいです。ここにいる皆さんの声援の力を感じました。引き分けでも決勝トーナメントに進めましたが、勝つために戦いました。スペインはさすが強豪で僕らがやろうとしてきたことにすぐに対応してきた。泥臭いけど最後、打ち切れたことがこれまでの成果だと思います」

 スタンドには家族がいた。学生時代の仲間もいた。この試合のチケットは前売り完売。1289人が来場し、スタンドは全席埋まった。それでもチケットのキャンセル待ちの人が出るほど盛り上がった。

「得点という形でみなさんにゴールの瞬間をお見せできたことがよかった。ゴール後の大歓声があるからこそ、もっとゴールをとりたいという気持ちになりますね」

 川村は以前、こんなことを話したことがある。

「目が見えなくてもこれだけやれば人間の可能性が広がるんだ、ということを示したい。見えている人たちのサッカーにも、いい影響を与えられるような存在になりたいんです」

 人の得る情報の8割は視覚に由来するといわれる。その視覚が失われた分、不自由な思いはたくさんしてきている。それは川村をはじめ、ブラインドサッカー日本代表の選手たちも例外ではない。たとえば、トイレに行くときも川村たちは見えている人の肩を借りないとたどり着けない。ただ、普段から聴覚や脳をフル回転させる習慣があるため、健常者より感覚が研ぎ澄まされている。だから仲間の声、監督やガイドの指示、ボールに入っている鈴の音だけで自分の位置、相手選手の位置、ボールの位置を察知してサッカーを成立させることができる。川村がいう「見えている人たちのサッカー」と単純に比較することはできないが、人間の可能性を示しているこの競技もサッカー同様、一人でも多くの人に見てもらいたいと願っている。

 国内開催で注目が集まる中、川村など選手たちの可能性を引き出して12年ぶりのスペイン撃破を成し遂げた高田敏志監督も試合後、珍しく声を上ずらせた。

「勝ちにこだわって、選手がやってくれた。本当に選手を誇りに思う。前日、コロンビア戦が夜に終わり、スペイン戦までの準備期間が24時間ない中、スタッフが徹夜でスカウティングしてくれました。それでも日本がやることにスペインがそのたびに対応、対応してきて、それでもチャンスを作るためにこちらがあえて引いて、意図的にスペインに出て来させて、そのタイミングで(DFラインの)裏に出て勝った。今までそれを日本は逆にずっとやられてきた立場ですから本当に気持ちいい。普通の気持ちよさではないですね」

 得点をとって勝つ、という大きなテーマはあるが、そのためのプロセスは無数にある。それは相手が存在するからだ。だから試合前に用意していたプランも、試合中に軌道修正を求められる。だからこそ選手たちには「攻めるときも守りのポジショニングを考え、守るときも攻めのポジショニングを考える」ことを求め続け、試合の中での対応力を磨き上げてきた。

 スペイン戦でも、1-0でリードし、試合終了まで残り7分ほどで迎えたタイムアウトで、高田監督は集まってきた選手たちをフェンス際に一列に並べた。高田監督がボードを使ってポジショニングに関して指示する内容を、スタッフが選手の背中に指でなぞって示した。タイムアウトで使える時間はわずか1分。それでも勝つ確率を1%でも高めるために、ポジショニングにこだわった。

 今日22日はサッカーの日本代表のコロンビア戦が行われるが、翌23日にはブラインドサッカー日本代表がイングランド代表に挑む。ブラサカの魅力をより多くの人に知ってもらうには、勝ち続けることが一番の近道だ。川村はこう訴えた。

「23日の準決勝、必ず勝ちます。そこにむけて強い日本代表をお見せ出来るように一生懸命努力したい。みなさん、最高のニッポンコールを僕たちにください」

▼ワールドグランプリ 日本代表メンバー
▼ワールドグランプリ日程 / ルール

最終更新:4/3(水) 20:21
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事