ここから本文です

小祝さくらがガマンのゴルフで好発進 コーチがキャディをつとめる“大きなメリット”

3/23(土) 7:15配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 初日◇22日◇茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府)◇6240ヤード・パー71>

小祝さくら 前夜祭のドレス姿【写真】

今季ツアー初優勝を目指す小祝さくらが、持ち前の安定感をここ大阪でも発揮。3バーディ・2ボギーの1アンダー・5位タイと上位で2日目を迎える。

「後半の途中まで風が吹いて、アゲンストは特に難しかったです」とガマンのラウンドを続けながら、それを感じさせない、いつもの“ひょうひょう”とした口ぶりで受け答えに応じた小祝。「前半のバーディ(3つ)があってほんとうに良かったです。スコア自体が伸びていないので、今日はみんな難しかったんだと思います」と、首位でも3アンダーというガマン比べを乗り切り、満足そうな表情を見せた。

今大会では、普段指導を受ける辻村明志(はるゆき)コーチがキャディを務める。昨年8月の「ニトリレディス」以来というタッグ結成の経緯を聞くと、「予定していたキャディさんが埋まっていたので…。コーチでいいやって感じでした(笑)。最終手段です」と“小祝節”もさく裂したが、「いつも頼りになります」と信頼を置くのはいうまでもない。

この日のラウンドでも、「ミスショットをした後は色々と教えてくれて、うまくいくことが多いです。普通のキャディさんだと、そういうことはないので」とコーチならではのアドバイスが奏功。10、11番のバンカーで目玉になった時も、その場で指導を仰いで危機を脱するなど、その“効果”は絶大だ。

明日は、冬並みの寒さが予想される茨木国際GC。北海道出身ながら「寒いのは苦手」という小祝にとっては、苦しいラウンドが予想される。だが、そんな苦難も“師弟”で乗り越え、初優勝へと大きく近づく一日にしたい。(文・間宮輝憲)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事