ここから本文です

ニュースワード「高御座」

3/23(土) 5:02配信

時事通信

 高御座 新天皇が即位したことを国内外に示す「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」で、天皇が登壇する調度品。現在のものは1913年に作製され、15年の大正天皇、28年の昭和天皇、90年には現在の天皇陛下の即位の礼で使われた。
 台座には黒い漆、その上部の欄干には朱色の漆が塗られており、八角形の屋根の最上部には鳳凰(ほうおう)が飾られている。高さ6.48メートル、重さは約8トン。約1500の部品から成り、中には椅子、剣璽と御璽・国璽を置く台がある。

最終更新:3/23(土) 5:02
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事