ここから本文です

ポール・シムノン、ザ・クラッシュの株を巡り元妻で元マネージャーのトリシアと泥沼? ポールは「話もせず、返事すら返さない」

3/23(土) 16:00配信

rockinon.com

ザ・クラッシュのベーシスト、ポール・シムノンの元妻でバンドのマネージャーだったトリシア・ロネインが、ポール・シムノンと設立した会社の株を巡る裁判に負けたことが分かった。

「NME」によるとトリシア・ロネインは、2008年にポール・シムノンと離婚するまでに18年間結婚生活を共にし、2011年まで20年にわたりマネージャーを務めていたという。

2人は離婚の際にバンドの著作権料を均等に分けることに同意し、Cut-Throat Productions Ltdを設立。それぞれが50パーセントの株を所有しているとのことだ。

今回の件では、トリシアは自分の持ち分50パーセントを500万ポンド(約7億2700万円)で投資ファンドに売却したいとの意向だったが、ロンドン高等裁判所の判事はこの申し立てを却下。

この結果に対し、トリシアの弁護士Jennifer Meechはトリシアと「話もせず、返事すら返さない」という状況にあるポールとトリシアの縁が永遠に切れず、金銭的な取引がトリシアにとって「終わらない戦い」になっていると主張していたそうだ。

一方で、ポールの弁護を務めるJames Matherは、会社の株の半分を第三者に売却することは将来的にポールに多大な困難をもたらす可能性があり、売却する相手についても懸念があると述べていたとのことだ。

今回の判決が下されたのは、2010年に2人が合意した離婚の和解条件に矛盾することが理由だという。判事は審問の法的費用となる3万ポンド(約436万円)をポールのために支払うよう、トリシアに命じたと報じられている。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:3/23(土) 16:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事