ここから本文です

紀平梨花、悔いなき4位 収穫のトリプルアクセル2本投入「目標はもっと高い」

3/23(土) 6:01配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・世界選手権」(22日、さいたまスーパーアリーナ)

 女子フリーが行われ、SP7位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー2位と巻き返し、合計223・49点で日本勢最高の4位に入った。SP2位の坂本花織(18)=シスメックス=はフリー5位の合計222・83点で5位、宮原知子(20)=関大=は合計215・95点で6位となり、日本勢は来年の出場枠で最大3枠を確保した。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=がSP、フリーともに1位の合計237・50点で初優勝した。23日は男子フリーが行われる。

【写真】感謝のキス、神々しすぎるザギトワ

 入り交じる後悔と満足感をかみしめながら、紀平は演技直後にうなずきつぶいやいた。「まあよかった」-。「まあ」は2本目のトリプルアクセルを転倒したから。冒頭のトリプルアクセル-3回転トーループは完璧に決めていただけに、無念の思いはあるが「トリプルアクセルは2本入れたかったので悔いはない」と紀平。初出場の世界選手権は4位。国際大会の連勝は6でストップした。

 11・18点差の7位から巻き返しを目指すフリー。ミスもあったが演技をまとめ、自己ベストまで2・13点と肉薄した。初めての世界選手権を終え「国際試合の一つって気持ちで挑めた。70%くらいは頑張れたかな」と振り返った紀平。「目標はもっと高いところにある。波のないシーズンを続けてオリンピックまで行きたい」と先を見据えた。

 浜田コーチは今季の成長を認めた上で「計画性がなく行き当たりばったり」と指摘する。かねて課題としてきた靴の準備に始まり、ウオーミングアップを始める時間や内容など、自分の形がまだつかめていないという。今大会へは紀平自身も靴の調整のためドリルを持参するが「想定してあらゆるテープを用意した。5000円分」と笑った浜田コーチ。練習だけでなく、試合へ向けた全てを整えてこそ一流。その本質を今学んでいる最中だ。

 シニアデビューから一気に世界トップまで駆け上がった激動のシーズン。表彰台には0・31点届かず少しホロ苦い締めくくりとなったが、目指すのは22年北京五輪の金メダルだ。初めての“負け”を夢へ向かう一歩へと変えて見せる。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事